2012年09月25日

これで後進国と言い張る支那って

時事ドットコム:「初の空母「遼寧」が就役=国威発揚、周辺国に警戒も−中国

>中国メディアによると、中国初の空母「ワリャーグ」が25日、「遼寧」と命名され、事実上就役した。中国メディアは、就役により「防衛作戦能力を増強、国家主権の維持、世界平和の促進に重要な意義を持つ」と強調した。遼寧は同日中に停泊中の大連港を出港し、配備先の海軍基地に向かう見通し。
 10月1日の国慶節(建国記念日)を前に、国威発揚を図る狙いがある。沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題や南シナ海の領有権をめぐり周辺国との緊張が高まる中での海洋軍事力の増強であり、日本を含めた周辺国には警戒感が強まりそうだ。
 遼寧省海事局は大連沖の渤海に25日午前10時から午後6時まで、軍事任務を行うとして、進入禁止海域を設定。ミニブログ「微博」では、国旗や海軍旗が掲げられた甲板に兵士が船首から船尾にかけて整列した様子などが伝えられ、出航式が行われたもようだ。


これで後進国って言い張るんですから、国際社会における迷惑もの、でしかないですよね!
元を変動相場制にしたら、面白いだろうなぁ。かたくなに固定相場にしているはずだから、かなり困ることになるんだろう

とは言っても、あの人口は本当に脅威。さらに人権意識というのが無いですから支那国民は使い捨てに出来るわけです。アメリカで同じようなことをやったら大統領続けられないんじゃないですか?その辺が独裁国家と民主主義の違い

隣国が独裁国家でやりたい放題出来るという不幸を持っているのが日本という国です。それに立ち向かえるだけの力を持ったまともな保守政権じゃないと日本は保てません

いつまでも民主党やら維新の会やら訳のわからない連中を支持するんだろう?
そろそろ自分の国のありがたみと、それを保つための苦労をわかりましょうよ
平和であれっていくら唱えても実現なんてしませんがね。今のところ日本の経済力とアメリカの軍隊のおかげで保たれているわけで、民主党のおかげで次第にどちらもガタガタになってきた現状を考えると支那の脅威は半端無いですよ?どうしましょう?

のび太が口先で逆らってもジャイアンにうるせーって殴られれば、お終いって訳で
そこへドラえもんという保護者がいればこそじゃないですか?そんな感じ
いくら理想的なお題目を唱えてもそれを実現する力がなければ何の意味もありません

あ、そうそうせっかく支那が空母を導入したわけですが
まだまだ使いこなせるまでには至ってないという話を聞きました
しかし、いずれは使いこなせるようになるでしょう。そしたら日本なんて簡単に攻撃出来るでしょうし、他のアジアの小国にとっても脅威になりましょう。それでも支那は平和的な国なんですかねぇ。支那は本格手に侵略を開始してますよ


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:支那 空母
posted by ! at 19:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック