2012年09月19日

被災された方にはそうかもしれませんが、

Yahoo:「<原発ゼロ目標後退>憤る市民、被災地 「全くひどい」

>「国民をばかにしているのか」−−。2030年代に原発稼働ゼロを目指すとした「革新的エネルギー・環境戦略」を政府が決定してわずか5日。この戦略の閣議決定が見送られたことに、原発に反対してきた市民や東京電力福島第1原発事故の被災地の首長らから怒りの声が噴出した。

 「パブリックコメント(意見公募)で国民の多くの人が『原発0%』を求めていた。閣議決定の見送りは国民の声の無視に他ならない」。首相官邸前での反原発デモを呼びかけている市民団体「首都圏反原発連合」のスタッフ、原田裕史さん(45)はこう憤った。

 核燃料サイクルの継続など矛盾をはらんでいた政府の戦略。19日に発足した原子力規制委員会の人事に抗議している国際環境NGO「FoE Japan」理事の満田(みつた)夏花(かんな)さん(45)は「目標自体があいまいで矛盾を抱えていたが、政府として決めたことを閣議決定しないとは」。

 また、東海第2原発がある茨城県東海村の村上達也村長は「革新的エネルギー・環境戦略とは何なのか。全くひどい。もう一度原発事故が起こらないと分からないのか。この国にはあきれる」と政府を強く批判。枝野幸男経済産業相が15日に新たな戦略の説明のため訪れた青森県では、幹部が「大臣が説明したことは重いはずなのに、どういうことか。核燃料サイクルの継続もほごにされるのでは」と憤慨した。

 被災地でも怒りが渦巻いた。全域が避難区域になった福島県川内村の遠藤雄幸村長は「抵抗勢力がいるのは当然。それで方針がぶれることはリーダーとして一番やってはいけない」とあきれた様子。南相馬市の桜井勝延市長も「犯罪に近い行為。何のための意見聴取会だったのか。財界の圧力に屈したとしか思えない」と怒りをあらわにした。


被災された方には申し訳ないですけど
だからといって、日本全体が路頭に迷うようなことがあってもらっては困りますので
しごく現実的な判断だと思います。原発ゼロを見直すといった自民党総裁候補者の言葉をバカにしていた人たちに、それなら原発ゼロで将来日本人が働く場所を確保できるのか?今の社会レベルを維持できるのか?そういったことにちゃんと答えられるかどうか伺ってみたいものですね

今、自分たちは水道の蛇口をひねればすぐとても綺麗な水が出てきます。夜中でもコンビニで買い物が出来ます
高いビルディングも階段を苦労して上らないでも上に行くことが出来ます。こういっては何ですが障害のある方が生活できるのも、日本が一定以上の社会に余裕があるから出来ているからです

その余裕を生んでいるのは何でしょう?高い技術力などを持っている日本企業のおかげでしょ?
その企業の人たちが今節電で生産能力を落としてます、1,2年くらいなら今のレベルを維持できるかもしれません。今後ずっと続けばこんな高レベルの生活を維持することは難しくなりますよ?弱者から切り捨てられていくことになりますよ、そういうヒャッハーな世界をお望みならけっこうですけど、原発反対命を大事にと言っているから大笑いです
言ってることが真逆なのに必死でコールしているんだものバカ丸出しでしょう

財界がわたし達労働者を雇ってくれなくなったらどうするんだろう?
良くも悪くも働かせてもらっている以上、あまり文句は言えないですよ
正直労働者としては不快なところもありますけど雇ってくれなければお話になりませんもの、しょうがない

それとも電気を減らして企業の皆さんに海外に出て行ってもらいますか?お前らキライだと言って
残った日本人どうやって喰っていくんでしょう?
ぜひ、原発が無くても生活が保障されるという具体案を見せて欲しいなり


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120919-00000047-mai-pol


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック