2012年09月17日

人数は多いけど、それほど魅力的な市場なんだろうか?>支那って

Yahoo:「日本企業“脱中国”加速か 「柳条湖事件」の18日に反日デモ拡大の恐れ

>日本政府による沖縄県・尖閣諸島の国有化に抗議する大規模な反日デモが15日に続き、16日も中国各都市に広がり、日本企業は警戒感を強めている。襲撃を受けた日系の小売店が相次ぎ臨時休業したほか、パナソニックは出火した工場を休止するなど対応に追われた。今後、日本企業がとくに警戒するのが、満州事変の発端となった柳条湖事件の発生日にあたる18日。反日デモが拡大すれば、日本企業は中国戦略の見直しを迫られる。

 反日デモは、16日午前に北京や上海、広東省広州、深セン、四川省成都など少なくとも56都市で起きた。広州のデモ参加者は1万人以上。

 数千人が参加した深センのデモでは、拘束されたデモ参加者の釈放を求めた約1000人に対し、武装警察が催涙弾数十発を発射。当局は、デモの目的が反日から反政府に転換することを警戒、両者の間の緊張が高まった。北京と上海のデモは11日の国有化以降、6日連続。

 イオンは、青島市のスーパー「ジャスコ黄島店」に反日デモが15日に乱入したため、「安全を優先」して16日も休業した。セブン&アイ・ホールディングスも、成都市の40店舗を「デモ参加者の行進が予測される」として、17日朝まで休業を決めた。

 メーカー各社も対応を急ぐ。青島市と蘇州市の工場に反日デモ参加者が乱入したパナソニックは両工場の稼働を18日までは休止。珠海市の工場でも一部従業員が反日の抗議行動を起こし、18日まで臨時休業を決めた。生産への影響は「調査中」で、今後の対応を検討する。

 青島市の販売店が放火されたトヨタ自動車は、現地での情報収集を急ぐ。青島の被害がネットに流れることで、「他の販売店にも攻撃対象が広がる恐れがある」と警戒する。

 中国に進出する邦銀も大きな被害は確認されていないが、警戒感を緩めない。三菱東京UFJ銀行は、北京支店の看板を白い布で隠した。支店の前がデモ隊の通り道になっているためで、「今後も投石などを受けないよう、万全を期した」という。

 日本企業が今後の対応に苦慮しているのが、さらなるデモ拡大が予測される18日だ。中国での生産を拡大してきたトヨタは「18日の休業も検討しなくてはならない」(広報担当者)という。中国で35店舗を展開するイオンも「公安などとも協議し、休業も含め臨機応変に対処する」と、説明する。

 これまで日本企業は人口13億人に商品を売る「消費市場」と、製造コストの低い「生産拠点」の両面から中国を重視してきた。だが、中国への投資リスクが鮮明になったことで、中国から東南アジアなどに拠点を移す動きが加速する可能性もある。


こういう程度の低い、理性の効かない国だって事はわかっていたはず
企業だから儲けなければいけないっていうのはわかりますけど
だからといって、商売する相手は選んだ方が良かったのかもしれませんね

進出した企業が撤退するときには、工場にある機械は置いていかなければならないとか聞いたことがありますし、すごく条件が悪いという話
そこまでして支那に行くべきだったのかどうか・・・

今回のことで少しは身に染みてわかったなら良いなと思います
早く企業は可能な限り脱出すべきじゃないでしょうか?欧米の企業もおそらく逃げ出すと思いますよ

あんな国とのつながりは、支那が分裂して、まともな資本主義国家になり、民度が上がってからで良いんじゃないですか?
日本が、支那の教育係になるのはイヤですよね

昔から中華思想に基づいて周辺国をバカにしてきた国で、今でもそのまんま
だから、日本を小日本といってバカにするんでしょ?
朝鮮はずっと支那に貢ぎ続けて奴隷根性が染みついているから、その分日本を見下したいんだけど、なかなか出来ないから、怒っているんだろうし・・・。だから文化をねつ造して、古くからあるんだと言いたいんだろうし、koreaとjapanではアルファベット順で日本よりあとになるから coreaと言い張ってみたり醜いよね

日本の位置がすごく不幸で悲しいです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120916-00000001-fsi-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:支那 経済
posted by ! at 18:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック