2012年09月12日

だから少年法を無くせばいいと思いますの

Yahoo:「捜査員が勘違い 少年を誤って送検 警視庁

>警視庁保安課は12日、東京都迷惑防止条例違反(不当な客引き)の現行犯で逮捕した少年(18)について、家裁送致すべきところを誤って東京地検立川支部に送検したと発表した。同課によると、担当した捜査員が勘違いしていたのが原因で、立川支部と裁判所も誤りに気付かず、少年を勾留していた。

 同課によると、少年は8日午前1時40分ごろ、東京都新宿区歌舞伎町の路上で、通行中の男性(38)に約2分間にわたって「キャバクラはいかがですか」とつきまとうなど執拗な客引きをしたとして、現行犯逮捕された。

 同課などは翌9日午前8時ごろに立川支部に少年を送検。同支部は裁判所に勾留請求し、決定を受け勾留した。しかし、10日になって同支部がミスに気付き、同日午後9時ごろ少年を釈放した。

 同法違反の最高刑は罰金50万円で、少年事件では、罰金以下の刑に該当する場合、家裁に送致することになっている。警視庁は少年を釈放後、謝罪した。


悪いことをやったことには変わりないんですし・・・
年齢に関わりなく、悪い奴は悪い奴として裁けばいいと思います
年齢による差別でしょ(笑)

少年法を無くしても良いと思いますよ
将来更生の余地があるからといっても、やられた方が酷い目にあったことにはかわりないんですから、そういう差別はいけないと思います!
もちろん同じように障害者だろうと性別の違いがあろうと犯罪に変わりないなら同じように裁くようにしましょう


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120912-00000531-san-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:少年法
posted by ! at 20:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育・青少年がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック