2012年08月27日

政府が働く場所をつくらないんだもの>そしてそれを支持した国民も?!

Yahoo:「大卒3万3000人がニート=就職率改善も4%非正規―文科省

>今春、4年制大学を卒業した学生約56万人のうち、6%に当たる約3万3000人が進学も就職の準備もしていない「ニート」だったことが27日、文部科学省の学校基本調査の速報で分かった。就職率は63.9%で前年比2.3ポイント改善したが、3.9%の約2万2000人が非正規雇用だった。
 文科省は「リーマン・ショックで大きく落ち込んだ就職率は持ち直しつつあるが、本人が望まない雇用形態で就職せざるを得ない状況は改善すべき課題だ」としている。
 大卒者約55万9000人を対象に、5月1日現在の状況を尋ねた。就職も大学院などへの進学もしていない人は15.5%の8万6638人。今回、初めて「進学も就職の準備もしていない」人数を調べたところ、このうち約4割の3万3584人いた。「就職準備中」が4万9441人、「進学準備中」は3613人だった。 


民主党を支持したことで
公共事業も
公務員も
景気回復策もみんな削減
これでは働く場所が減るのは当たり前

どこかで無駄金を使わなければ、金が回るわけ無いのに
無駄はダメという一見よさげに見える政策(笑)に乗せられてしまった国民が阿呆じゃないかなと自分は思います。民間業が金を出すのを渋っている中では国がやるしかないと思うのです
どこか出だす人がいなければ金は動きませんから

公務員削減が良いと言ってる人が多いですけど、悪いのは横領するとか意味のない天下りをする人でしょう?公共サービスに従事する人が減れば、その分困るのは国民であることを忘れてはいけないと考えます
そして、若い世代を削減してしまったら、何年かしたとき中堅どころの公務員が極端に少ないという困った自体になるんじゃないでしょうか?先を見て考えて欲しいなと思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120827-00000073-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:公務員 就職 労働
posted by ! at 20:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック