2012年07月30日

ひとえに柔道のJudo化が招いた失態

Yahoo:「韓国の応援団激高 覆った旗判定、海老沼勝利 会場内騒然 柔道 ロンドン五輪

>ロンドン五輪第3日(29日)いったん上がった3本の青旗。しかし協議後に3人の審判が掲げた旗は数分前と正反対の白3本だった。異例の旗判定やり直しで海老沼匡の勝利となった男子66キロ級の準々決勝。対戦相手の韓国、チョ準好(チョ・ジュンホ)(23)の応援団は激高、海老沼の応援団は日の丸を振り、会場は騒然となった。

 海老沼は積極的に攻めたが延長戦にもつれ込み、勝敗は判定に。チョの勝利を示す青い旗が上がると、何度も周囲を見回し、信じられないという表情。海老沼のコーチは「なぜ」と両手を広げた。2000年のシドニー五輪で、誤審によって敗退した経験を持つ柔道男子の篠原信一監督(39)もスタンドから眉間にしわを寄せ、大声で判定の再考を求めた。観客のブーイングが広がる。主審と副審2人が審判委員に呼び寄せられ、協議を続けた。

 数分後、逆転の白い3本の旗が上がった。観客席で見守った母親の道子さん(52)は、判定が覆ると手をたたいて笑顔に。今度は韓国側からブーイングが起き、チョとコーチは呆然(ぼうぜん)と立ちつくした。

 審判委員制度に詳しい国士舘中学・高校柔道部の川野一成総監督(68)は「これほどまでに判定が覆るのは異例中の異例だ。国際試合での審判技術の未熟さを痛感した」と話した。


オリンピックくらいでしか柔道を見る機会なんて無いのですが、
以前に比べると国際化が進むたびに、柔道がJudoになり、ものすごく下品な見世物になっていっているなぁと
感じます。柔道の劣化見てられないですね
いろんな指導者が出ていって柔道を教えることもあるんでしょうけど、もう少し何とかならなかったのでしょうか?
色のついた柔道着やら畳やら、下品の極みじゃないですか?
そして何よりも勝った方が喜ぶ姿は柔道とか日本の武道にはそぐわないと思うのですがねぇ

いわゆるグローバル化って日本人の心を失うことなら、やはりお断りすべきでしょうね

さて、この戦い、朝鮮人というのをおいておくことにしますが、どちらの選手にとっても不幸でした。審判とか運営の仕方の未熟さがこういう不幸を招いたんだと思います。技の結果について人が見て判断する以上少しでも厳密に判断できる冷静さとか見極める力を付けなければどうにもなりません。国際柔道連盟には日本人がいないとか聞きました。これじゃいろんな意味で柔道が劣化するのもしょうがないですね

いっそ次回から日本人はオリンピックのJudoには出なくて良いんじゃないでしょうか?
日本国内で国際大会を開いてしっかりとした柔道の普及に努めるべきかなと思いました


http://london.yahoo.co.jp/news/detail/20120730-00000540-san


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:08| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
TVでオリンピックの柔道中継を見ていて、外国人選手の礼節の無さに憮然としていたところ、たまたまこちらのサイトを開きました。
サイト主様の仰ること、一々頷きなから拝読しました。
審判は判断も未熟で、選手の乱れた道着さえ直させようとせず、選手はろくに礼もできていない。
こんなものは日本の国技として誇れません。

Posted by チビガリ at 2012年07月31日 00:10
書き込みありがとうございます。
”道”とついている意味を考えれば、指導者はもっとしっかりすべきだと思います。勝つことだけを優先し、心を教えられる指導者が少なくなってしまったんでしょうね。
Posted by !@管理人 at 2012年07月31日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック