2012年07月21日

老害のおかげで、日本がおかしくなってる



産経新聞:「7月21日

いまどきのおしゃれな文化人になるためにはどうすればいいのだろうか。若いときに電気をふんだんに使ったコンサートをやって人気者になり、ニューヨークの高級マンションに住む。もちろん税金は大好きな米国に払って日本には払わない。

 ▼菜食主義を一度は試し、電気自動車のコマーシャルに出る。還暦を過ぎれば流行の「反原発デモ」の先頭に立って、アジ演説をぶって拍手喝采される。目立ちたいのは文化人の業だが、もう少し本業に専念しては、と望むのは古くからのファンのないものねだりだ。

 ▼いままで書いてきたのは架空の人物の話。ただ、ミュージシャンの坂本龍一さん(60)が、16日に17万人集まったと称する(実際は7万5千人程度だったが)反原発集会での演説は、おしゃれな文化人そのものだった。

 ▼彼は、「たかが電気のために、この美しい日本の未来である子供の命を危険にさらすべきではない」とのたまった。確かに、たかが電気である。命には代えられない、と思わずうなずきたくなる甘いささやきではあるが、「たかが電気」がどれだけ多くの命を救ってきたことか。

 ▼東日本大震災でも17年前の阪神大震災でも真っ暗だった被災地に明かりが蘇(よみがえ)ったとき、どれだけの人々が感涙にむせんだことか。大震災直後の昨年春、たかが数時間の計画停電で、病院に影響が及び、どれだけの病人が困ったかを坂本教授は知らないのだろう。

 ▼昨日の首相官邸周辺でのデモには鳩山由紀夫元首相も参加した。原発への恐怖心を利用して騒ぎを大きくしようと画策する左翼団体や金持ち文化人、それに選挙目当ての政治屋どもに踊らされていることに参加者はそろそろ気付かれた方がいい。


この坂本龍一という人の発言の一部ではありますけど、随分とお馬鹿なことを言ってしまったモノだなと笑ってしまうしかありません。いい年をしていながら、生活の中における電気の役割をどこまで理解してこの発言をしたのか?

救急医療の現場において、どれほど電気が必要とされているのかわかってないのかな?電気があるおかげで助かる命があるということを。電気が無いために助からないところがあることを良く頭に入れておいてから「たかが電気」という言葉で言いたかったことを他の表現でしていれば、ここまで言われなかったのにね、と思います。年甲斐もなく軽薄なことを言ったモノだと思いますねぇ

産経新聞の記事もなかなかなものだとは思いますが、このくらいいいでしょう。相手が想像を上回るお馬鹿な自体を生み出してしまったんですから、止む得ない自体じゃないですか?まさかこれで政府与党内にいる重鎮厨の重鎮、なんと元総理の鳩山がつられて出てきちゃったんですからね(笑)

正直、わかっている人なら今回の事態の一番の原因は菅の無能ぶりですが、それの下地を作ったのが鳩山の温室効果ガス25%削減という、国会に承認を得ずに国際公約にしてしまった鳩山の行動です

鳩山はその25%削減という公約を守るために、当時与党にいた社民党の福島みずぽ(これも反原発集会に出てましたね(笑))ちゃんらと共に原発の比率を50%でしたかに増やす事と廃炉予定だった福島原発の継続使用を決めました。これ重要ですよね?さらに付け加えておけば自民党が提出していた津波対策法を却下したのも民主党でした。ちょうど東日本大震災の1年前だったということです

この元凶の鳩山が反原発集会に出て、脱原発を訴えるという茶番に何を言ったらいいのでしょうか?

なんというか、こういう老害世代が口を出せば出すほど日本はおかしくなるという感じです

同じ年を重ねた人でも全うに重ねた人たちは麻生さんに限らず石原さんにしても、まず日本第一に考えている人たちは、いい顔をしていらっしゃる。見ればわかることですよ

自民党の方はいい顔しているけど、民主党はたいてい悪人面です


というわけで、老害世代が消えていくまでは、なんとか若い世代が、その無茶ぶりを押しとどめておかないと日本が日本でなくなっちゃいます。いわゆる全共闘世代、日本を根底からひっくり返してやれという反社会的な行動をしていた世代が大江健三郎とかそういうあたりです。まともじゃないんです、最初から。だから、気をつけないといけない。何をしていたのか歴史の本をひもとくと良いと思います。奴らが何をしていたのかを勉強してその言っていることが本当に筋が通っているのか見て欲しいなぁと思いますね

それから、国会議員がどんな理由にしてもデモに参加するなんて言語道断
デモはある意味意見を大きく伝えるための行動であると認識してます。その内容が正しいか間違っているかは別として
それを汲み上げるのが国会議員の役割です。正しいと思うなら汲み上げるし、間違っているなら無視する、それで良いです。しょうがないけど。国民の声だから常に正しいなんて事はありません。だって国民の声が100%常に正しいなら今の民主党政権に間違いがないわけでしょ?国民が選んだ政権ですもの

国民だって、マスコミやら何やらに騙されて間違った行動をすることがありますから、その上位にある立場で長いスパンを踏まえて考え行動するのが政治家の仕事の一つだと思いますよ。明日のパンを求める立場と、50年先100年先を見据える立場の違いはそんなものでしょうから

現実に原発を超えるエネルギー源がない以上、原発の使用を認めるのは、ありえないことじゃないでしょう
そしてその安全性を高めるために、様々な工夫を凝らすのが政治家の仕事でもありますね
今の民主党では期待薄ですが


ブログランキング にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/nbylohufmu2h
posted by ! at 20:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック