2012年07月21日

出場する選手が気の毒だと思っていたので、よい判断だと思います>WBC不出場

Yahoo:「WBC 埋められなかった溝…日本球界の孤立化の懸念も

>決勝戦での視聴率が36、4%(関東地区)に達し、日本中を歓喜の渦に巻き込んだ3年前のWBCは、今も記憶に新しい。しかし、来春に迫った次回大会について選手会は不参加という決断を下した。「出場したい気持ちはあるが、次の世代を考えると、苦渋の決断をせざるを得なかった」。そう話す新井会長の表情は終始固かった。

 WBCでは代表チームのスポンサー権やライセンシング(商品化)権を主催者側に譲渡することを参加条件にしている。選手会では再三にわたり日本側への帰属を求めたが、ライセンシング権は莫大な利益を生むため主催者側も譲らず、改善はみられなかった。

 今後の交渉の余地について新井会長は「(主催者側から)アプローチがあるとは考えにくい」と指摘するが、ある大リーグ関係者は「MLB選手会に所属する日本人選手に直接参加を呼びかけることは可能」と話す。そうした場合、日本のプロ野球の孤立化は避けられない。今回の不参加決議を、主催者側の譲歩を引き出すための“交渉カード”にすることも考えられ、主催者側と選手会との駆け引きは今後も続くものとみられる。

 五輪競技から野球が除外された現在、WBCは注目される唯一の国際大会でもあり、WBCでの連覇が野球人気の下支えにもなっていたはずだ。今回の決断は、日本野球の実力を証明する場を自ら放棄することにもなる。収益分配の不均衡は確かに重要な問題だが、金銭には変えられぬ「日の丸の重み」の大切さにも、選手会は目を向けるべきではないか。


収入の事はよくしらないですが、
見ていて、出場する選手は、しない選手に比べていち早く身体のピークを作ってしまい、またさらに1シーズンをこなさないとならないという過剰労働状態になっていて気の毒だと思ってました

ですので、出場しないという判断は過労死にならないための重要な判断であると感じましたので、拍手を認めたいと思います

出場しろと言うなら、シーズン中WBCと同じくらいの休暇期間を設定し、それを出場する選手に与えるべきではないですか?でなければ不公平だと思いますよ〜


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120720-00000609-san-base


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:WBC 選手会
posted by ! at 19:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック