2012年07月05日

原発事故は菅災です

Yahoo:「福島原発事故は「人災」=官邸介入で被害拡大―国会事故調が報告書

>東京電力福島第1原発事故を検証してきた国会の事故調査委員会(委員長=黒川清・元日本学術会議会長)は5日、「事故の根源的要因は『人災』で、政府、規制当局、東京電力は人々の命と社会を守るという責任感が欠如していた」とする報告書を公表した。
 報告書は約640ページ。事故の背景として、「これまで何度も対策を打つ機会があったにもかかわらず、歴代の規制当局と東電経営陣が先送りしてきた」とした上で、「今回の事故は自然災害ではなく、明らかに『人災』だ」と断定した。
 また、事故直後の対応について、経済産業省原子力安全・保安院の機能不全や東電本社の情報不足に不信を募らせた首相官邸が、現場に過剰に介入したと指摘。「重要な時間を無駄にしただけでなく、指揮命令系統の混乱を拡大した」と批判し、「事故の進展を止められず、被害を最小化できなかった最大の要因」と述べた。 


こんなことは事故の最中から菅がやらかすであろう事は指摘されていたこと
実際不幸にして本当のことになってしまったのですが

スピーディの結果についても、事故後国会で自民党の森まさこ議員が涙ながらにその件を追及しましたけど、菅は素知らぬ顔で答弁してました。責任も何も感じていない、なんで俺が追求されないといけないんだろうという顔つきで本当に不快でしたね。国民の生活が大事とかいって政権を盗りましたけど、何一つ日本国民の生活を守ろうとしたことはなかったです。もっとも国民とは言ってますけど、日本国民とは言ってなかったわけではありますが

まったく東電に責任がないとは申しません。しかし、原発は国策でありますし事故対応の最終責任者である総理大臣菅直人が自身が原発について無知であることを認められず思いつきで指示していたことも明らかにされてますし、そういうことを無視して菅は悪くないと言うのは止めて欲しいものです

それから浜岡原発を止めたことを評価する向きがありますが、何の法的根拠があってやったのか、それがなければただの独善行為でしか無く、法治国家において決して許される行為ではありません。そんなことが認められるならいずれ独裁者を生み出すしかないんですけど、そういうことを認めちゃうんでしょうか?
まして、無策無能な菅を独裁者にしたら北朝鮮の金将軍より酷い国になっちゃいますよ(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120705-00000067-jij-soci


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:51| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック