2012年07月05日

高く仕入れて、安く売れというのは酷いな>東電頑張れ!

Yahoo:「<東京電力>値上げ幅9%台に圧縮へ 審査専門委

>東京電力の家庭向け電気料金の値上げを審査する経済産業省の有識者会議「電気料金審査専門委員会」(委員長・安念潤司中央大法科大学院教授)の査定方針案の全容が4日、明らかになった。割高な調達価格が指摘されていた火力発電向け燃料費の一部削減を新たに明記する一方、焦点の社員年収や福島第1原発の安定化費用などは、東電の申請通り料金原価への算定を認める。値上げ幅は、東電が申請した平均10.28%から9%台に圧縮される見通しだ。

 査定案は5日の会合に示す。東電が原価に織り込んだ燃料価格は、今年1〜3月の企業の平均調達価格に比べて液化天然ガス(LNG)は1.7%割高。東電は、14年度までの値上げ期間中に契約更新するLNG(年間約800万トン)価格は値上がりを前提に原価算定していたが、専門委は直近の実績値まで減額する方針だ。このほか、東電の利益にあたる「事業報酬」の一部削減や、廃炉が決まった福島第1原発1〜4号機の固定資産税の除外も求める。

 東電が申請した社員年収の2割削減▽福島第1原発の炉心安定化費用▽福島第2原発などの減価償却費▽原発事故の賠償関連費用−−などは原価に認める。このため、原価の圧縮幅は500億円程度にとどまる見通しだ。

 ただ、委員会とは別に、消費者庁は今冬以降の賞与(ボーナス)の支給見送りや年収の約3割削減を要求。枝野幸男経産相は「大臣に裁量の余地があり、消費者庁などの意見も踏まえて政治判断する」としているため、値上げ幅はさらに圧縮される可能性がある。


燃料費が、意に反して高いものを仕入れざるを得ない事を半ば強制されているのですから、若干高めに見といても悪い事じゃないと思うんですけどね〜。変な人がいるものです
社員の給料にしたってちゃんと仕事をしている人にはボーナスを含めて払っても良いと思います
ただ、前から述べているとおり責任ある立場の人たちの給料とかそういったものは削るべきだとは思いますけどね
とにかく最前線で苦労されている方々には危険手当を含めてたくさん給料を出して欲しいんですけど、そう思わない人が多いんでしょうか?

しかし、枝野みたいな無責任野郎が、査定できるなんて世も末ですねぇ。人に責任を求めるなら己も無能内閣に属し、事故の始末の邪魔をした責任をとるべきではないでしょうか?こういう政治屋の無責任ぶりを追求しないで、それより弱い立場をいじめるのがマスコミであるということを考えると、マスコミのあり方も今後議論を深めていかないとダメでしょうな


いずれにしろ、東電には今後も確実に安定的に、品質の良い電気の救急をしてもらわないとならないので、技量のある人が逃げないように、たくさん給料を払うべきでしょう
残ったのが程度の低い技術者ではお話になりません。日本の基幹エネルギーを扱う部署だけに、しっかりとした人を確保する義務があると考えます

庶民の妬み僻みを真に受けることはないと思いますね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120705-00000013-mai-bus_all


ブログランキング にほんブログ村
ラベル:東電
posted by ! at 19:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック