2012年07月05日

のーてんきな人は良いことだっていうんでしょうけど

Yahoo:「義足ランナー、ピストリウスが五輪リレー代表に 

>両脚が義足のランナー、オスカー・ピストリウス(南アフリカ)が4日、ロンドン五輪の男子1600メートルリレーの一員に選ばれた。

 南アフリカ陸連が発表した。ピストリウスは個人種目の400メートル代表は逃したが、リレーメンバーとして両脚義足ランナーで初のメダル獲得を狙う。南アフリカは昨年の世界選手権1600メートルリレーで銀メダルを獲得した。


健常者と障害者の壁が無くなったと喜ぶ人もいるようですけど、
本当にそうなのかな?

1分1秒を争うために、極限まで身体を鍛えて競技に臨んでいるところへ
義足という道具を持ち込むことが本当に正しいのかどうか、すごく違和感を持ちます
差別をするなとかそういうことではなく、本当に厳密に互いの肉体のみで勝負しているところへ、義足のランナーが入ることで正しく公平な競技が出来るのかどうか?その点だけで考えて欲しいですね

どんなに人間の身体と同じように義足が作られていても、やっぱりそれって違うんじゃない?と全部じゃないにしても競技者は不審に思うんじゃないでしょうか?

アメリカで、いつだったかゴルフの世界でも車いすの競技者が出ることに賛否両論が出たかと思います。普通のゴルファーは18ホールちゃんと歩くけど、車いすの競技者は打つとき以外は座っていて体力が温存できるからおかしいという指摘。すごくごもっともな指摘だと自分は思いましたが、そうではない人もいて驚いたものです。競技というからには少しでも疑いのかかるようなことはあってはならないと思います

オリンピックだけに、そういう点はもっと厳密であって欲しかった。酷い言い方をすればドーピングそのものだと自分は思います。わずかでも他の競技者が不利になるようなことは止めるべきでしょう。競技が競技でなくなってしまいます

次回からそういう特例がないことを祈ります
草レースとかなら参考記録とかでアリだとは思いますよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120704-00001252-yom-spo


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック