2012年06月30日

特定アジア人には日本の考えなど理解できない

産経新聞:「中国新幹線の特許申請に不快感 JR東海社長「日本の汗と涙の結晶」

JR東海の山田佳臣社長は29日の会見で、中国の政府系鉄道車両メーカーが、日本やドイツの技術を活用した中国版新幹線の技術特許を米国で申請する方針を打ち出していることについて、「新幹線技術は国内のメーカーと旧国鉄(現JR)の技術陣の長い期間にわたる汗と涙の結晶だと思っている」と述べ、不快感を示した。

 中国の鉄道車両メーカー、南車集団は、中国版新幹線の車両「CRH380A」の技術特許を米国で申請する方針で、将来の車両輸出を狙った戦略とみられている。南車集団は独自開発を主張しているが、実際は川崎重工業など日本企業が開発した新幹線「はやて」などの技術供与を受けて改造した。

 山田社長は、技術を供与した川崎重工に対しても「技術立国に恥じない対応をしてもらいたい」と語り、供与技術の範囲などを明確にし、特許侵害には断固対処するよう求めた。


JRの人も,川崎重工の人もよかれと考えて技術供与をしたんでしょうけど
相手が非常に悪かったというわけです。狡猾な盗人根性を持っていることを日本人は知らなければなりません。日本人は外国人は皆良い人だと考える傾向があるみたいですけど、そんなものスペイン人に滅ぼされたインカの人たちみたいなもので終わりにしないとダメだと思います

特に特定アジア人は見かけたら、盗人だと思うべきじゃないですか?差別でもなんでもなく事実としてですが

自分が良いことをしたら、そいつらも良いことを返してくれるなんて虫が良すぎます
全てが駆け引きなんですから、こっちが一歩引いたら向こうは二歩も三歩も踏み込んでくると言うことを覚悟しておくべきでしょうね。ヤクザみたいなものです
いやヤクザ以下ではありますね


ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック