2012年06月18日

山は厳しいよね

Yahoo:「マッキンリー遭難捜索打ち切り=宮城の登山家4人絶望―米アラスカ・国立公園事務所

>米アラスカ州の北米最高峰マッキンリー(6194メートル)で宮城県勤労者山岳連盟(仙台市)登山隊の日本人5人が雪崩に巻き込まれ、4人が行方不明になっている事故で、現地のデナリ国立公園事務所は17日朝(日本時間18日未明)、4人の生存が絶望視される上、二次災害の危険が大きいことから捜索を打ち切ると発表した。
 同事務所によると、16日の捜索で、唯一助かった扇等さん(69)=仙台市泉区=が転落したクレバスの底(約30メートル下)に、4人と扇さんの体をつないでいたロープの端があるのを発見。掘り出そうとしたが、周辺の雪や氷が崩落する危険が大きいため断念したという。
 同連盟によると、行方不明になっているのは、宮城県涌谷町、加藤慶昭さん(64)▽同県加美町、須田正子さん(50)▽同県大崎市、鈴木道子さん(56)▽仙台市青葉区、鈴木玉雄さん(63)。 


山へ行く人なら、遭難に関しては相応の覚悟はしていらっしゃるはずなので、何も言いますまい
ご冥福をお祈りするばかりです

ただ、一人生き残られた方へ必要以上の重荷がかからないように周囲が守って欲しいなと思いますよ
マスコミの心ない取材はいつものことですから、生き残ってしまったことをつらく感じておられるはずの方にさらなる追い打ちをかけるような下衆どもがまとわりつかないように周囲で守って欲しいものです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120618-00000013-jij-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック