2012年06月13日

放射線は普遍的に存在

Yahoo:「宇宙アサガオ、異常早咲き 京産大付属高の3世代目

>宇宙空間を旅した種子から育った、京都産業大付属高(京都市下京区)の「宇宙アサガオ」が、通常は夏至以降とされる開花時期より大幅に早く、10日に咲き始めたことが、12日に分かった。帰還2世代目は異常に多くの花をつけたことが確認されており、開花したのは3世代目にあたるアサガオ。同高は、宇宙放射線の影響を裏付ける事象だとみて、さらに研究を進める。
 アサガオは夜が長くなっていくのを感知して花芽をつける「短日植物」で、日照時間が日々短くなっていく夏至以降に開花する。
 同高生物部は、2010年にスペースシャトルに搭載した種子の3世代目、同じスペースシャトルに載せた、船橋市総合教育センター(千葉県)の種子の3世代目と市販種の3種類を、通常より約3カ月早い3月中旬にまいた。
 今月10日から2日間、同高と船橋市の種子から育った計5株に一つずつ花が咲いた。市販種は12日現在、花芽すらついていない。
 昨年夏、2世代目は1株当たり300個以上の花をつける突然変異が確認された。生物部顧問の米澤信道教諭は、DNAの塩基配列が変わった可能性があると分析した。
 夏至前に開花した直接的な要因として、米澤教諭は、花芽をつくる植物ホルモン「フロリゲン」の異常が疑われるとみている。その上で、「宇宙放射線の影響があったと、より明確にできた」と話している。


この記事を見て、放射線の影響に過剰反応してやっぱりアポロは月へ行ってないとか言っているバカがいて笑った(笑)

さて、放射線は宇宙だけにあるものじゃなくて、地上にも普通に存在するということだけは知っておくべきですね。地底にも地上にも空にも存在してます

原発事故でゼロリスクとか言っている阿呆がいますけど、そんなことは無いです。第一人間の身体にも収まっているわけですし・・・物質が全て原子でできている以上放射線の影響ゼロはあり得ないんですから
過剰に気にすることはなし

Issへ行った宇宙飛行士は一日で地上の半年分を被曝すると言われています

もしかして放射脳おかーさんは子供が宇宙飛行士になることに反対しますか〜

それから、放射線の影響がアサガオにあったとして、
人間とアサガオの細胞の数とかDNAの構成数を考えたら、しょうがないことじゃないですかね?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120613-00000004-kyt-l26


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然:科学化学関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック