2012年06月13日

昔らから役人がちゃんと仕事をしていた証拠?!

Yahoo:「最古の「戸籍」木簡、太宰府で出土…大宝律令前

>福岡県太宰府市の国分(こくぶ)松本遺跡で、戸籍に関連する飛鳥時代後期(7世紀末)の木簡が見つかったと、市教委が12日、発表した。

 正倉院に伝わる現存最古の戸籍(702年)より古く、中央集権国家が完成したとされる大宝律令の制定(701年)より早い段階で、国家が地方の人々まで直接支配していたことをうかがわせる第一級の資料として注目される。

 木簡は縦31センチ、横8・2センチ、厚さ8ミリ。現在の郡にあたる、大宝律令以前の地方行政単位「評(こおり)」や、685年に定められた官位「進大弐(しんだいに)」の表記があり、7世紀末のものと判断された。

 「戸主(世帯主)は、たけるべのみまろ」、「その妹は、やおめ」など、同じ集落に住む16人の氏名や続き柄のほか、21〜60歳の健康な男子を指す「政(正)丁」、その中から徴発される兵員「兵士」の表記があった。


役人が、昔からちゃんと仕事をしていた証拠だと思いました
仕事をしていればこその記録ではないかと思いますですよ


しかし、民主党はこういう戸籍とか記録を残すことがキライみたいですね〜
出自を疑われる不法入国の外人を守るためには戸籍は邪魔らしいです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120612-00001538-yom-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:戸籍 木簡 役人
posted by ! at 19:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 考古学・歴史的なもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック