2012年06月06日

謹んでご冥福を申し上げます

NHK:「三笠宮寛仁さま ご逝去

天皇陛下のいとこで、「ひげの殿下」として知られる三笠宮寛仁さまは、ことし1月に、のどのがんを切除する手術を受け、入院を続けていましたが、容体が悪化して、6日午後3時35分に亡くなられました。
66歳でした。

三笠宮寛仁さまは、平成3年の食道がんの手術以来、のどなどにできたがんのため、これまでに16回の手術や治療を受けられました。
最近では、去年12月にのどに腫瘍が見つかり、ことし1月に東京・千代田区の杏雲堂病院で腫瘍を切除する手術を受けられました。
病理検査で腫瘍は口の中からのどにかけての広い範囲に及ぶがんだったことが分かり、寛仁さまは入院を続けて手術後の治療を受けられていました。
宮内庁によりますと、寛仁さまは容体が悪化して危篤になり、6日午後3時35分に亡くなられたということです。
寛仁さまのご遺体は、午後6時すぎ赤坂御用地にあるお住まいの宮邸に戻されました。
寛仁さまは、昭和21年1月5日、三笠宮家の長男として誕生されました。
天皇陛下のいとこに当たられます。
みずからを「福祉の現場監督」と呼び、福祉団体の会長を務めて障害者の自立を支援したり、学生時代に磨いた技術を生かして、障害者のスキーの指導に当たったりするなど、障害者福祉に積極的に取り組まれてきました。
昭和55年11月に信子さまと結婚され、翌56年に長女の彬子さま、58年には次女の瑶子さまが誕生されました。
また、日英協会や日本ノルウェー協会の名誉総裁として国際親善に務める一方で、がんの研究基金の総裁としてがんの撲滅運動にも取り組まれてきました。
ご自身もがんとの闘病が長く、平成20年の手術では声を出すことができなくなり、人工喉頭と呼ばれる器具をのどに当てて話をされるようになりました。
このほかアルコール依存症や不整脈の治療のためたびたび入院されました。
一方で、去年5月には、東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県を訪れて、被災した人たちを励ますなど、去年まで精力的に公務を続けられていました。


謹んでご冥福をお祈り申し上げます


こんな時になんですが、
やっぱり早急に旧宮家の復活が望まれますよ


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:ご皇室
posted by ! at 20:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 訃報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック