2012年06月03日

選挙の争点になりえるんでしょうか?

Yahoo:「脱原発、衆参選挙の争点に=25年までに全停止を―菅前首相

>民主党の菅直人前首相は2日夜、静岡県湖西市で講演し、「脱原発を進めるかどうか、いつまでに進めるか、最後の判断は、国民投票がない日本では来年中にある国政選挙で決めることが重要だ」と述べ、来年夏までに行われる衆参両院選挙で「脱原発」の是非を争点にすべきだとの考えを示した。また、民主党としては「2025年までに全ての原発を停止させる」ことを目標に掲げるべきだと主張した。 

あと十数年で原発ゼロが成り立つような社会が出来うるんでしょうか?
太陽光、風力とか取りざたされていますけど、太陽光に関してはドイツではほぼ失敗という事も聞かなくもありません。というかいわゆる自然エネルギーの不安定さでは今の日本社会を成り立たせることが出来るかどうか不安定って事でしょ?それ以外に何か出てきて2025年に間に合うのかどうか?

なんとなるとかそういうレベルじゃ困るんですけど、そういうことが提示できるのかどうか?そこまでしなければ選挙の争点なんて笑止じゃない?

また、現時点で原発が動いて経済が活性化していなければ、新しいエネルギーを開発する力にもならないって事をわかっているのかな?
経済がこのまま停滞しままなら、新規エネルギーの開発は無理でしょ?税収はないし、企業もリストラをするくらい困っている状況。どうするんでしょうか?むしろ頭脳流出などが起こって、日本で新しいエネルギー開発は出来ずに、このまま落ち込んで行くままではないでしょうか?

そういうことを言わない政治家ってバカじゃん


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120603-00000001-jij-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック