2012年05月21日

一時的な再稼働というのはナンセンス>橋下って



産経新聞:「橋下氏の期間限定稼働に否定的 藤村氏「需給の厳しさだけ踏まえない」

藤村修官房長官は21日午前の記者会見で、大阪市の橋下徹市長が関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働を夏の電力需要のピーク時に限る「期間限定稼働」に言及したことに対し、「需給の厳しさだけを踏まえた、臨時的な稼働を念頭に置いているわけではない」と語り、否定的な見解を示した。企業活動や国民生活への影響を理由として挙げた。

 橋下氏の提案に対し、藤村氏は「これまで電力供給の30%を担ってきた原子力をただちに止めてしまえば、液化天然ガス(LNG)の大量の買い増しによる国民所得の流出、燃料コストの増加による電力料金の引き上げが避けられない」と懸念を表明した。

 再稼働に慎重な橋下氏は19日の関西広域連合の会合で、次善の策として「臨時か1〜3カ月の期間限定の動かし方もある」と政府側に提案していた。


橋下って、本当に適当に言いたいことを言っているだけなんですね
もう少し現実に即した発想が出来るようにならないと政治家にはなれないと思いますね

原発の動作を短時間で切り替えるなんて危険でしょ?
そういう発電量の調整をしやすいのは水力らしいですよ
原発は長期安定的に連続運転するのが一番効率的だという話なので、大変なときだけ動かすというのはあり得ないというのが普通の考え方だそうな。それが出来ない為政者って・・・ただのもの知らずでしかないし、ブレーンにもいないって事ではないでしょうか?任せて安心、じゃないですね


橋下君は保守本流ではなく、反日野郎キャンペーンを勝手に実行中


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック