2012年05月19日

日本の宇宙事業が発展するためには原発が必要だな #jaxa

Yahoo:「H2A商業用打ち上げ成功 課題は価格競争 三菱重工「半減目指す」

>国産ロケット「H2A」が初めて商業衛星の打ち上げに成功し、日本の宇宙ビジネスが新たな一歩を踏み出した。製造と打ち上げを担う三菱重工業は、今回の成功を足がかりに、新興国を中心に商業衛星の受注拡大を狙う。ただ、H2Aはコスト競争力や打ち上げ回数などで海外勢に見劣りし実際の受注活動は苦戦。ビジネスとして“軌道”に乗るかは、不透明な状況だ。

 「信頼性には自信を深めているが、打ち上げ費用が国際標準より高い。コストダウンに最大限の努力をする」。三菱重工の大宮英明社長は18日の記者会見でこう話し、終始、慎重な姿勢を崩さなかった。

 H2Aは打ち上げ成功率こそ95・2%と高いが、打ち上げ回数は21回。200回以上を誇る欧米企業より大幅に少ない。高コストもネックで、受注で苦戦を強いられている。同社には平成19年以降、100件にのぼる打ち上げ打診があったが、価格面で折り合わず、受注したのは、今回の1件のみだ。

 H2Aの打ち上げ費用は通常85億〜100億円。欧州のアリアンロケットやロシアのプロトンロケットの約80億円に比べ割高な上、今後は、インドや韓国勢も低価格なロケットで参入を計画しており、さらなる価格競争の激化は必至だ。

 三菱重工は対抗するためコストを32年までに半分に減らす方針。部分的に国産小型ジェット「MRJ」と部品を共通化するほか、電子部品は市販のカーナビシステムを応用し「価格で対抗する」(浅田正一郎宇宙事業部長)。

 三菱重工が狙うのは、世界で年20基前後の需要がある静止衛星。現在は、シェアの半数を欧州のアリアンスペースが占め、残りの市場をロシアや米国などが奪い合っている激戦区だが、三菱重工は、モンゴルやチリなど新興国で計画される災害対策用の衛星などを受注し、欧米勢の一角に食い込みたい考えだ。海外での受注拡大には、国の支援も欠かせず、政府は宇宙事業の振興を狙いに「宇宙戦略室」(仮称)を近く設ける。ただ、各省庁の足並みはそろっていない。


どうしたって生産コストを下げないといけないのですが、
その手始めとしては原発が必要ですよね
電気代の上昇は、どんな製造メーカーにしても痛手です
原油価格の値上げ、オーバーワークになってきている火力発電所がいつ潰れるかわからない状況、など発電状況が良いと言えるわけがありません

そんな中ではやはり原発の再稼働が至上命題になるべきです
でなければ、日本の製造業は本当にダメになってしまいますし
製造業がまともに動かなくなれば、日本人の多くの働く場所が無くなりますし、
そういう人たちの給料を当てにしているサービス業だって立ちゆかなくなります

産業界の要望ではなく、日本人全体の要望だと思うんですが、放射脳の方々の頭の悪さには本当に辟易します

働く場所が無い、給料が入らない、生活が立ちゆかないという事が本当に理解できないのかなぁ・・・

製造がうまく行かなければ、そこで得るはずの給料が入らず、それを元にして
食料を買ったり、
趣味嗜好品を買うことも出来ません

他の産業への波及効果もすごいでしょうね

まさか外国人観光客を当てにするわけにも行かないでしょ?
各地域の首長のバカさにも驚くばかりです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120519-00000101-san-bus_all


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:JAXA 宇宙開発 原発
posted by ! at 20:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック