2012年05月19日

鳩山君、お前が言うな、でしょう



産経新聞:「民主・鳩山氏が維新の期限なき公約批判

民主党の鳩山由紀夫元首相は19日、テレビ東京番組に出演し、大阪市の橋下徹市長が次期衆院選に向けて首相公選制や参院廃止を掲げていることに対し、「実現の期限を区切らずに大きなテーマを掲げており、マニフェスト(政権公約)にはほど遠い。正攻法ではない」と批判した。

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設をめぐっては、鳩山氏は「現行の辺野古案には県民が総意で反対している。米議会の新たな動きを日本の国会議員も受け止めれば、(新たな)結論が出ない話ではない」と述べた。米上院の有力議員から嘉手納統合案など見直し案が出ていることが念頭にあるとみられる。

 一方、15日の自らの沖縄訪問に批判が集まっていることに対し、「行ってよかった。私は県民のために戦おうとしたが、今、(政府は)必ずしも県の側に立っていない」と述べた。


橋下は嫌いですし、まともな奴だとは思いませんが、
かといって、鳩山にそんなことを言われるのは心外でしょうし、少しは気の毒だなと思わなくもないです

鳩山にしても、その他民主党のメンツの頭の中をのぞいてみたいですよね
良くもあれだけ簡単に手の平返したことをしょっちゅう言えるよなと、その変わり身の速さ、言ったことに対する無責任さには、ある種感心させられます


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック