2012年05月13日

夢を見るのは止めて現実の生活を考えよう



産経新聞:「関西圏 電力不足の危機感足りぬ

政府がまとめた今夏の電力需給動向では、関西電力管内が大幅な電力不足に陥るのは確実だ。政府は関電管内に、強制的な電力使用制限や厳しい節電措置を取ることも検討しているという。

 問題は、そんな状況にもかかわらず、関西の自治体の多くに危機感があまりに乏しいように感じられることだ。

 社会的な基盤である電力の使用制限は、暮らしや産業に大きな打撃を与えかねない。安価な電力を安定的に得るには、原発の再稼働は当然として、関西圏全体で節電対策にも一致協力して取り組む姿勢が強く求められる。

 原発がこのまま再稼働せずに一昨年のような猛暑を迎えた場合、もともと原発比率が高かった関電管内では最大15%程度の電力不足に陥ると試算されている。電力需要が供給を上回ると突発的な大規模停電も起こり得る。

 その場合、昨年の東日本大震災直後に東京電力管内で実施された計画停電以上の大混乱に陥るのは必至だ。

 昨夏は、電気事業法に基づいて罰則付きの電力使用制限令も発動された。生産活動に大きな影響を与えたことは記憶に新しい。

 震災やタイ大洪水の影響からようやく回復途上にある中で、再び産業界に厳しい節電を求めることは、日本経済にとって大きなマイナスとなろう。

大飯原発3、4号機が再稼働すれば、こうした関西圏の電力不足はほぼ解消されるという。すでに政府は定められた手順を踏んで同原発の安全性を確認している。厳しい節電措置などによる社会的な影響を回避するためにも再稼働を急ぐ必要がある。

 原発が立地する福井県の西川一誠知事は、電力需要地である関西の自治体の理解も「再稼働の前提」だとしている。だが、大阪市の橋下徹市長らは再稼働に慎重な姿勢を崩していない。こうした自治体には、再稼働しない場合の危機状況について、正確な認識があるとはとても思えない。

 電力需給は全国平均でほぼ均衡するが、安定供給の目安の8%超にはまったく足りない。国内の全原発が稼働を停止し、電力会社は老朽化した火力発電所まで稼働させてしのいでいるのが実情だ。多くは設備故障をいつ起こしても不思議ではない。そうした綱渡りの実態も忘れてはなるまい。


政治家っていうのは、夢を語りつつも現実的な処理が出来なければいけないのに
大きな声で聞こえてくるのは、意味のない非現実的な夢物語ばかりです
脱原発して、何か得るものがあるのなら別でしょうけど、何も無いどころか失うものが多いという現実の前ではなんの意味もない事だと自分は思います

原発無しでは産業界が大きな被害を受け、仕事を失う人が多くでる可能性もあり、そのおかげで生活できなくなる人のことも考えないとおかしいです。放射線で悪影響を受けるというのはあり得ないことではないですが、福島県での原発事故の後現時点でも何かすごいことが起きた事実はなく、それを考えれば失うものよりも得るものが大きい方を選択するのがまともな判断でしょう


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:関西 原発 産業
posted by ! at 19:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身近なニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック