2012年05月03日

小沢を控訴すべきだと思います!!!!!



産経新聞:「控訴可否、9日に結論持ち越し

資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で強制起訴された民主党の小沢一郎元代表(69)を無罪とした東京地裁判決について、検察官役の指定弁護士3人は2日、控訴の可否を協議したが、結論は持ち越しとなった。控訴期限は10日で、9日午前11時から再協議して方針を決定する。

 大室俊三弁護士(62)は協議後、「(控訴すべきかどうか)3人とも迷っている。ぎりぎりまで検討すべき事項がある」と話した。

 先月26日の東京地裁判決は、元秘書らによる虚偽記載を認定し、小沢元代表と元秘書の間に政治資金収支報告書の記載をめぐる「報告・了承」があったことも認めた。しかし、元秘書との共謀までは認めず、禁錮3年の求刑に対して無罪を言い渡した。

 大室弁護士は「問題意識は3人とも同じだった」と説明。「自分たちは弁護士だから、有罪を求めて控訴しにくい」とし、「心証としては黒(有罪)だと思っているから控訴したいという思いがあるが、(判決を)覆せる確実な見通しがないのに、長く被告の立場に置いていいのか、という思いもある」と話した。


将棋倒しか何かの事件では検察審査会が起訴すると判断したときは、マスコミなどは国民の声が司法に届いたと喝采していたのが、小沢を起訴すると決めたときは素人が余計なことにするな、に変わったのにはとっても驚きましたが、今回の裁判で無罪となるとさらにそういう声がさらに強くなりました

要するにそういうことなんでしょう。小沢はやっぱり国民の敵であり、メディアはその小沢に何らかのメリットを感じているということであり、それは国民よりも大事なことなんだということの証左です

だからこそのマスゴミ、カスゴミということですね
という訳なので検察官役の弁護士さん達は、気合いを入れて国民の声を司法の場に届けるという仕事を完遂して欲しいと願っております


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック