2012年04月28日

沖ノ鳥島は日本の島で、日本の領土です



産経新聞:「沖ノ鳥島は「島」 大陸棚拡大認定 国連委が勧告

200カイリを超えて海底資源の権益を主張できる大陸棚の拡大について、政府は27日、国連の大陸棚限界委員会が日本の国土面積の約8割に相当する計31万平方キロの拡大を認める勧告を採択したと発表した。日本が同委員会の勧告を受けるのは初めて。

 政府は、日本近海の海底にメタンハイドレートやレアメタルなどの海底資源の存在が確認されたことから、平成20年11月に7海域(計約74万平方キロ)で大陸棚の延伸を申請していた。

 延伸が認められたのは、沖ノ鳥島を起点とした「四国海盆海域」のほか「小笠原海台海域」「南硫黄島海域」「沖大東海嶺南方海域」の4海域。南鳥島や八丈島周辺の海域は陸続きになっていないと判断され、認められなかった。

 沖ノ鳥島をめぐっては、中国と韓国が「岩であり大陸棚は設定できない」と反発している。同委員会は、同島の北側に続く「四国海盆海域」の延伸を認めたことで、事実上、同島を「島」と認めた形だが、一方で同島の南に広がる「九州パラオ海嶺南部海域」の勧告は先送りとした。

 政府は認められなかった海域を再申請するか、勧告を受け入れるか判断する。

 ■大陸棚 沿岸から200カイリ(約370キロ)の排他的経済水域(EEZ)内の海底を指すが、国連海洋法条約で、海底の地殻が陸地と同じ地質であることが証明できれば350カイリ(約650キロ)まで延伸が認められる。この海域では海底資源の開発を行うことができる。


申し込んだのは麻生元総理
沖ノ鳥島問題に対策を考えていたのは石原都知事ですね
現政権が褒められる筋合いじゃないでしょ(笑)

なんにせよ、沖ノ鳥島が島として国際社会で確認されたのは非常に良かったですね
あの海域を日本の領土に出来る意義は大きいです

支那の原潜の監視も出来ましょうし、海域からの収穫も大事です
沖ノ鳥島を島として守るための策を石原都知事が力を入れてきただけに、今回の尖閣諸島の問題に対する動きも当然のこととして考えても良いかなと思います。本来なら国がやるべき事なんですが、国が反日だから意味が本当に無いのです・・・

もちろんこの先石原都知事以後、また売国都知事が出てくる可能性はあります
世田谷区を見ればわかります。あの保坂という売国奴が区長をやっていられるのですから都民の動向は本当に難しいですし、困ったものです
都民の人たちも日本という国のために、という発想をしっかりと持って欲しいものですよ


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 18:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 竹島とか領土問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック