2012年04月24日

もっとみんなで言ってやろう!マスコミは人でなしだ、と

”痛いニュース(ノ∀`)”:「【報道記者に怒り】京都・小学生死傷事故で救命救急センターが怒りの声「マスコミの人間に心はあるのか」

1 : テンペル・タットル彗星(やわらか銀行):2012/04/24(火) 07:33:09.76 ID:Pted+dLI0
(略)救命救急センターのスタッフがマスコミに対して怒りの声をあげている。マスコミ各社が霊安室の前でカメラをかまえ、訪れていた家族らを撮影していたというのだ。但馬救命救急センターのスタッフは、公式ブログに以下のようなコメントを掲載している。

・マスコミの人間に心はあるのか
本日,京都府亀岡市で悲しい事故が起こりました。当ドクターヘリも出動し対応しています。検証されるべき事項は沢山ありますが、1つの命をすくい上げようと誰しもが全力をしくしました。結果、望まない終末になることもあります。その後のご家族の心のケアには人として、医療者として十分な対応を心掛けております。当然、院内や病院敷地内に勝手に入り込み、勝手に取材、写真をとるマスコミには取材の許可を出しませんし、取材拒否の旨をきちんと伝えております。もちろん必要があれば病院から情報を伝えます。しかしながら、読売新聞、毎日新聞、朝日新聞など各社の記者(個人名を出しても良いと思いますが)は霊安室の前にカメラをかまえ、お帰りになるご家族の映像を勝手に撮影していました。再三にわたって取材はお断りの旨を伝えていたにもかかわらず、一番大切にしたい瞬間に、ズカズカと土足で割り込んできました。ご家族、医療者、関係者の心情を考えられないくらいマスコミの人間の心は腐っているのでしょうか。このブログが多くの方に読まれていることは十分に存じ上げております。だからこそ敢えてここで述べます(引用ここまで)

……と、異例のコメントを公式ブログに書き込みしている。「ご家族、医療者、関係者の心情を考えられないくらいマスコミの人間の心は腐っているのでしょうか」とまで書いていることから、マスコミに対する怒りがかなり大きいことがわかる。
http://rocketnews24.com/2012/04/24/206271/


マスコミがその程度の存在って事は、心ある人なら知っていることです
未だにマスコミの言っていることを盲信したりしているのが、いるからマスコミがつけあがるんだと思います

正直、そういう心ない行為を繰り返すのならテレビ局等なら放送免許の剥奪
新聞社とかなら発行停止と法で規制できるようにすべきでしょう

自由な報道の権利なんて抜かす前に、人としてやって良いことと悪いことの区別をつけられるようにしろと皆で言うべきですね

マスコミの記者などについても国家試験を設けるなどして、そのマスコミのあり方について考えていかなければ、その暴走がゆがんだ考えを植え付ける土壌になってしまいます


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック