2012年04月16日

オリンピックの代表はその国の人がなるもんだ

Yahoo:「猫ひろし「苦しい」 ロンドン五輪出場危機に

>カンボジア国籍を取得し、ロンドン五輪の同国マラソン代表に選ばれたタレントの猫ひろし(34)が16日午後、日本テレビの「ミヤネ屋」に電話で生出演し、五輪への出場が不透明な情勢となっていることについて、「苦しい。(出場決定を)信じて待つしかない」と困惑の心中を吐露した。

 猫の五輪出場をめぐっては、国際陸上競技連盟が猫の参加資格を疑問視。さらに15日のパリ・マラソンでカンボジア代表の有力候補だったヘム・ブンティンが、猫の自己ベストを7分近く上回る2時間23分29秒のタイムを出していた。

 猫は現在、1日35キロほど走りこんでおり、「練習はマイペースで目標通りにできている」。しかし、国際陸連、カンボジア・オリンピック委員会と正式な連絡が取れていない状態で、「いまは練習するだけ。信じて待つしかない。ホントに猫の手も借りたい」とジョークを交えて、吉報を待ち望む気持ちを明かした。

 ブンティンの記録に関しては、「タイムが実際に出ている。大変なことだと思う」と敬意を表した。

 国籍取得後1年が経過していない選手が五輪へ出場するには(1)連続した1年の居住実績(2)国際陸連理事会の承認─のいずれかを満たす必要がある。


常識的に考えればやっぱりオリンピックは国の代表なのですから、その国の人がなるのが当然でしょう
国籍を変えることは悪いこととは思いませんが、しかし手順というモノが定められているのにそれを無視して代表になるっていうのはかなり無視の良い話ではないかと思いますよ

せっかくカンボジアの国籍を取ったんですから、向こうの方々とともに生活して切磋琢磨してからまた代表権をとれるように頑張ればいいのではないでしょうか?
今回は成績のいい方へ譲れば、男を上げると思いますよ(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120416-00000540-sanspo-spo


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

猫ひろし「苦しい」と心中を吐露。可哀想だから自殺するまで追い込んだりするなよ。なよ。
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/04/16(月) 19:13:56.62 ID:9uMqoTgk0 ?PLT(12000) ポイント特典カンボジア国籍を取得し、ロンドン..
Weblog: ニュー速嫌儲板 【ノンアフィ】
Tracked: 2012-04-17 00:14