2012年04月15日

早く真相を解き明かしてもらいたいですね

Yahoo:「<京都・祇園暴走>カーブを正確走行 ハンドル操作か

>京都市東山区の祇園で暴走車にはねられた歩行者の男女18人が死傷した事故で、運転していた藤崎晋吾容疑者(30)=死亡=が、交差点内に入った後もハンドル操作ができる意識状態だった可能性が高いことが、捜査関係者への取材で分かった。車は交差点直前で最初に人をはねた後、緩やかな逆「く」の字形の道路をそれることなく走行していた。

 捜査関係者によると、藤崎容疑者の軽ワゴン車は、市道の大和大路通でタクシーに追突事故を起こした後、そのまま北に逃走した。約170メートル先の四条通との交差点手前では信号待ちしていた2、3台の車をよけて道路の右寄りを走行。交差点南東角近くにいた澤西桃代さん(62)=死亡=を最初にはねたとみられ、次々と十数人をはねた。その後も速度を落とすことなく、交差点を越えるとやや左向きにコースを変える変則的な道路を正確に走った。

 京都府警は、藤崎容疑者の持病とされる、てんかんの発作と事故の関連を慎重に調べるとともに、藤崎容疑者が交差点に進入した後もハンドル操作をしていた可能性が高いとの見方を強めている。


当初は病気が原因の事故と考えられてましたけど、
ああいう映像が出てきますと、殺人の可能性が出てきたというのもわかります

差別になるとは思えませんが、だからといって原因ではないモノをさも原因であるかのように言ってしまうのも問題ですし、しっかりと調べて欲しいですね

どちらにしても、こんな事態で命を失う羽目になってしまった7人の方のご冥福をお祈り申し上げます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120415-00000008-mai-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故など交通問題関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック