2012年04月05日

独裁者札幌市長

Yahoo:「<震災がれき>札幌市は拒否 「安全の確証ない」

>東日本大震災で発生した岩手、宮城両県のがれきの受け入れについて、札幌市の上田文雄市長は4日、「国から示されている(放射性物質の)基準や指針では安全の確証が得られる状況にない」として、拒否する回答文書を細野豪志環境相に郵送した。

 政府は3月、すでに受け入れ表明をしている自治体を除く道や札幌市など35道府県と10政令市に協力を要請、6日までの回答を求めていた。

 上田市長は回答文書で受け入れを拒否する一方、「安全に処理することが可能な災害廃棄物は受け入れの用意がある」とし、国に情報提供を求めている。しかし、市は「通常処理している廃棄物相当の安全性」を受け入れ条件に挙げていることから、がれきを受け入れる余地は事実上ないと見られる。

 札幌市によると、同市の各清掃工場で処理される一般ごみの焼却灰からは、1キロ当たり13〜18ベクレルの放射性物質が検出されるという。市幹部は「岩手、宮城のがれきは札幌以上の数値になるはずだ」と指摘している。


札幌市の対応を是とする人がいるようですけど、議会を通さず市長が勝手に拒否を表明したそうですよ。そういう民主主義の手続きを無視した行為を独裁だと思うんですけど、それでも良いことなんでしょうかねぇ
せめて議会を通した上での拒否でなら、まだ納得できるのですがね

とはいえ、致死量に全然足りない放射線を恐れてがれきの受け入れ拒否なんて非人間的な行為には納得できません


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120405-00000015-mai-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:独裁 札幌市 議会
posted by ! at 20:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック