2012年03月29日

法務大臣が仕事した



産経新聞:「「死刑は国民から支持されている」 小川法相が会見で強調

「私は職責を果たすべきと考え、死刑を執行した」。約1年8カ月ぶりとなった死刑執行。29日午前、法務省で会見に臨んだ小川敏夫法相(64)は、淡々と概要を報告し、「死刑は国民から支持されている」と繰り返し強調した。

 午前11時。会見場に現れた小川氏は「本日、死刑囚3名について死刑を執行しました」と落ち着いた様子で述べた。

 小川氏は「犯罪に対してどのような刑罰で臨むかは、国民が決めること」と前置きした上で、内閣府の調査でも多くの国民が死刑を支持していることに言及。さらに、「国民の声を反映する裁判員裁判でも死刑が支持されていることを重要な要素とした」と述べた。

 小川氏は裁判官、検事、弁護士の法曹三者すべてを経験した経歴を持つ。菅内閣では法務副大臣を約1年務め、取り調べの録音・録画(可視化)の全面実施に向け、省内調整に奔走するなど、法務行政のエキスパートとして知られる。

 民主党政権下では死刑反対の法相が続いたことなどで、千葉景子元法相が執行して以降、途絶えていた。これに対し、小川氏は就任当初から「大変辛い職務だが、職責を果たしていくのが責任だ」と述べるなど、執行に関して積極的な発言を繰り返していた。

 29日の会見でも「職責を果たすことが私の法務大臣としての務めと考えた」と説明。今後の執行については「個々具体的に検討していきたい」と話した。


法務大臣としてまっとうに仕事をしただけで、こんな風に話題になるんですから世の中だいぶおかしくなっていると思います。法に定められたとおりにやっているだけで、何ら違法なことをしている訳じゃないですから

悪いことをしたから死刑に処される、何かおかしいのでしょうかねぇ
死刑に反対と言い張るよりも、死刑にならない生き方を教えてあげてやって欲しいです
大多数は死刑にならないで人生を終わるんですから、特別なことではないと思います

なんにせよ積もり積もった死刑囚を少しずつでも処理していって欲しいです
早くオウムの一派を一掃して欲しいんですよ


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:死刑 法務大臣
posted by ! at 19:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック