2012年03月29日

なんで死刑に出来ないんですかね?>娘を強姦した男23年の懲役

産経新聞:「娘を強姦、懲役23年 別の女児2人も被害

自分の娘を含む当時9〜12歳の女児3人に乱暴したりわいせつ行為をしたりしたとして、強姦などの罪に問われた兵庫県の無職の男(51)に神戸地裁は29日、懲役23年(求刑懲役30年)を言い渡した。

 奥田哲也裁判長は判決理由で「人格を踏みにじり続けた人の道に反する醜悪な犯行」と指摘。「被害者が心に負った傷は筆舌に尽くし難く、厳しい非難を免れない」と述べた。

 判決によると、男は平成21〜22年に9回、当時11〜12歳の娘を自宅で乱暴。20〜21年、家族ぐるみの付き合いがあった当時9〜10歳の女児に乱暴しようとするなどした。いずれも携帯電話のカメラで動画を撮影。07年には当時12歳の女児にわいせつな行為をした。


刑法に死刑規定が無いからとはいえ、こんなのを生かして、社会においておくのはおかしいんじゃないですか?

名前が出てないところを見ると、強姦が国技となっている朝鮮人?なんてことはないですよね?名前を出して、どこに住んでいる人間かわかるようにしておかないと、どうしても社会に戻すというのなら、そうしないとおかしいですよ
第2第3の被害者が出るだけだと思いますが?


また、厳しい非難は免れないといっておいて、30年の求刑を23年に減刑するのも理解不能
被害者のことを本当に考えるのなら、いずれは死刑を求刑できるように変えていかないと駄目ですね!


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村

ラベル:強姦 性犯罪 死刑
posted by ! at 19:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック