2012年03月23日

殺人犯とか性犯罪者は国民から常に監視されるべきだ

Yahoo:「大阪府の性犯罪条例、更生に課題・根強い抵抗感

>開会中の大阪府議会に提案されている「府子どもを性犯罪から守る条例案」が、単独過半数を占める大阪維新の会などの賛成で、23日の総務委員会と本会議で可決、成立する見通しだ。

 子どもを狙った性犯罪の前歴者に対し、自治体への住所の届け出を義務づける全国初の条例。府は「前歴者を更生に導き、被害をなくすため」と強調するが、制度化を巡る課題は多い。

 ◆根強い抵抗感

 条例案は、18歳未満に対する強姦や強制わいせつなどの性犯罪で刑期を満了してから5年以内の者が府内に住む場合、住所、連絡先などを知事に届け出るよう義務づけた。違反者は5万円以下の過料。届け出た前歴者に対し、社会復帰に向けた相談や必要な支援を行うとしている。成立すれば10月1日に施行される。

 「府民に、監視のための条例と受け止められていないか」。府議会総務委員会では、条例の趣旨をただす質問に、府の担当者が「社会復帰支援が目的で、決して監視目的ではない」と強調する場面が見られた。

 一自治体が前歴に関わる情報を扱うことへの抵抗感は根強い。府の意見公募には、「人権侵害だ」「府外に転居すれば意味がない」など批判的な声が寄せられている。大阪弁護士会(中本和洋会長)は、「罪名、出所年月日」が届け出項目に含まれている点を問題視、「情報が漏えいした場合の被害が甚大なのに、情報の管理規定が不十分」などとして、制定に反対する会長声明を発表している。

 ◆具体像見えず

 社会復帰支援の具体像も見えていない。府は、研修を積んだ「社会復帰支援員」に委嘱する方針で、精神科医、臨床心理士、警察官、保護司などを想定しているが、人選はこれからだ。

 警察庁は子どもを狙った性犯罪の防止のため、前歴者への自宅訪問や面談を全国で実施している。府警の調査では、面談に応じた前歴者の約85%が「話し相手ができて心強い」と好意的に受け止めている。ある府警幹部は「専門医や臨床心理士と連携して見守る制度ができれば、再犯防止効果は高まる」と歓迎する。

 条例の素案作成にあたった国立精神・神経医療研究センターの福井裕輝医師は「再犯を抑止するのに、医学的治療が不可欠な前歴者もいる。対処できる専門家を集める必要があるが、簡単ではない」と指摘する。


もっとも殺人犯は正当防衛でもない限り、みんな死刑になるべきだと思うので監視の必要は無いかもですね。ただ今のままだと簡単に社会復帰できるから不思議でなりません

さて、性犯罪者ですが
これも簡単に世に戻れる方がおかしいです
少なくとも常に再犯の恐れアリとして、どこにいるのかを常に明らかにできるようにしておくべきでしょう。他人の人権を奪っておきながら、己の人権保護を訴えるなんてなんの冗談でしょうかね?またそういう擁護をする市民団体とかそういう人たちは被害者、またはこれから被害者になり得る立場の人たちのことを考えないのでしょうか?

死刑にならずとも去勢でも何でもして、二度と性行為をしたいと思わせないようにしても良いくらいですよ。ふざけんなっていつも思ってます

そう簡単に社会復帰できる体制をなんて、ちゃんちゃらおかしいです
そういう目に遭いたくないなら、犯罪を犯すなって事です


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120323-00000351-yom-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 性犯罪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック