2012年03月22日

とりあえず見たけど、相棒

Yahoo:「『相棒10』最終回視聴率20.5% 及川光博の神戸尊は辞令で“卒業”

>及川光博演じる「相棒」神戸尊の“卒業”で注目された人気刑事ドラマ『相棒10』(テレビ朝日系)の最終回が21日、2時間超のスペシャル版で放送され、平均視聴率が20.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。今シーズン放送された全19話の平均は16.6%。シリーズの最終回としては、過去最高を記録した。

『相棒10』最終回、神戸尊が特命係を“卒業” 杉下右京は「定年退職までやる」

 相棒シリーズは、警視庁の窓際部署「特命係」のキャリア警部・杉下右京(水谷豊)がその天才的頭脳で推理し、相棒刑事とともに難事件を解決する人気ドラマ。2000年6月3日に土曜ワイド劇場で放送され、2002年から連続ドラマとしてシリーズ化された。初代“相棒”の亀山薫を寺脇康文が演じ、2008年10月からのシーズン7の途中で“卒業”。神戸は2009年3月の「シーズン7」最終回で初登場し、約3年間、特命係に在籍した。前回の「シーズン9」はシリーズ史上最高となる平均20.3%を記録していた。

 今年2月に、今シーズンで神戸が特命係を去ることが発表され、最終回は神戸がどう“卒業”していくのか注目されていた。インタビューなどで水谷が「『相棒』史上、こんなことはなかった」と思わせぶりに話していたとおり、クローン人間誕生を巡って殺人事件が起き、杉下の正義の前に神戸が立ちふさがる物語が展開。ゲストに真野響子、窪塚俊介、浅見れいなが出演。劇場版やスペシャル版でおなじみの衆議院議員・片山雛子(木村佳乃)、「劇場版II」以来の元警視庁副総監・長谷川宗男(國村隼)なども登場した。

 結局、神戸は「警察庁長官官房付き」に異動という形で「特命係」を去ることになった。その人事の裏には長谷川が絡んでいることも描かれ、今後、何らかの形で神戸が再登場する可能性を残しつつ、『相棒』は次のステージへ進む。


なんというか、相棒らしさがどんどん無くなっているのね
右京さんと、その他大勢という感じになってしまってる感じ

作品構成を考え直すか、無理ならもう次は作らない方が良いような気がします
惜しまれてお終いになる方がきれいです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120322-00000301-oric-ent


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:相棒
posted by ! at 19:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック