2012年03月16日

なんで、こいつらは警官を訴えたんでしょう?>奈良警官の発砲

朝日新聞:「奈良警官発砲死の賠償、高裁も認めず 遺族の控訴棄却

>奈良県警の警官から違法な発砲を受けて死亡したとして、逃走車両の助手席に座っていた男性(当時28)の母親が県警を所管する県と発砲に関わった警官4人に計約1億1770万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が16日、大阪高裁であった。

 安原清蔵裁判長は「発砲は適法だった」と判断。母親の訴えを棄却した10年1月の一審・奈良地裁判決を支持し、母親の控訴を棄却した。

 男性は高壮日(そうじつ)さんで、原告は母の金順得(じゅんとく)さん(74)=大阪府東大阪市。訴状などによると、高さんは2003年9月10日、県警が車上狙いの疑いで追跡した乗用車の助手席に同乗。車が一般車やパトカーに衝突させながら逃げようとしたため、警官4人のうち1人が発砲を指示し、残りの3人が計8発撃った。2発が高さんの頭と首に当たって死亡、運転者の男性(窃盗罪などで実刑判決)が重傷を負った。


車上荒らしをとがめられ、
”車”で警官に襲いかかったんですから、正当防衛でもあるし、逃亡を防ぐために発砲は十分許されることではないかと思います

むしろ警官を訴えた母親の良識を疑いたい
普通の日本人の母親像に乗っ取れば、自分の息子の醜態を恥じ、世間に向かってわびを入れるモノではないでしょうか?これだから外人はって思いますね


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:18| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
在日どもといえば、昨日見かけた
「ニートな2ちゃんねらー日記」様の記事、

『「死刑反対派は、どうしても死刑制度を廃止したいようだな。」「それは結局もう日本に紛れ込んでいる同胞を救うためなんですよ。」』
http://2nnlove.blog114.fc2.com/blog-entry-6586.html

のように、司法にも在日による腐食腐敗が進んでいるようなので、あの悪辣な母親も勝てると思い込んでいたのでは無いかと思う次第。

最悪の場合、判例を盾に警官の発砲を禁止される恐れもありましたから、今回の控訴棄却には安堵しております。
Posted by unknown_protcol at 2012年03月16日 21:51
書き込みありがとうございます。
本当に良かったと思います。
Posted by !@管理人 at 2012年03月16日 22:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【北海道】パトカーから逃走の乗用車が欄干に激突、22歳男性が死亡
Excerpt: 1 :そーきそばΦ ★:2012/05/20(日) 21:34:33.80 ID:???020日午前10時40分ごろ、札幌市中央区北2東17の市道で、北海道警機動捜査隊の覆面パトカーに追われていた同市..
Weblog: 話題の2ちゃんねるニュース
Tracked: 2012-05-21 04:01