2012年02月24日

翻訳に静山社が関わらないことを期待します

Yahoo:「「ハリポタ」J・K・ローリングの新作は大人向け小説!出版社が発表

>「ハリー・ポッター」シリーズの作家J・K・ローリングの次回の作品は、彼女が初めて手がける大人のための小説になると、出版を担当するリトルブラウン社が発表した。

J・K・ローリング原作!映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』場面写真

 タイトルも内容も出版時期もまったく明らかになっておらず、公式ホームページには、「詳細は今年の後半に発表される予定です」と記されている。また、サイトには、ローリングの直筆で、「『ハリー・ポッター』シリーズを書くのは本当に楽しかったけれど、次の作品はまったく違ったものになる予定です」と書かれたメモが貼り付けられている。

 新作は、2007年出版の「ハリー・ポッターと死の秘宝」以来の作品となる予定だ。(鯨岡孝子)


ハリーポッターの翻訳がぐだぐだだということに気づいてしまったものとしては、ハリーポッターの翻訳権を独占した某社が、もう関わらないで欲しいと願っています

あんな雰囲気ぶちこわしの翻訳をして、あんなに高く売りつけるなんて酷いと思います

参考
ここがヘンだよハリー・ポッター日本語版index

絵で見るハリー・ポッター日本語版誤訳・珍訳


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120224-00000010-flix-movi


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック