2012年02月08日

記者なんてそんなもんでしょ?特に西山なんて外道は

Yahoo:「巨人・渡辺会長、ドラマ「運命の人」に怒

>プロ野球巨人の球団会長で、読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長(85)が、沖縄返還密約をめぐり元新聞記者が逮捕された実際の事件を下敷きにしたTBS系ドラマ「運命の人」に噛みついたことが7日、明らかになった。

 渡辺氏は同日発売の週刊誌に手記を寄稿。自身がモデルとみられる人物が《たかり記者として描かれている》とつづり、《極めて名誉を傷つけられた》と憤慨している。

 渡辺氏が怒りのペンをふるったのは、7日発売の「サンデー毎日」。「私はTBS『運命の人』に怒っている!」と題し、4ページにわたって猛抗議を展開している。

 原作は1971年の沖縄返還協定の裏に存在した日米間の密約に絡むスキャンダルを舞台にした作家、山崎豊子氏(87)のベストセラー小説。ドラマでは主人公の毎朝新聞記者を本木雅弘(46)が演じ、第4話まで放映されている。

 「毎朝新聞」は毎日新聞を連想させ、登場人物も首相の「佐橋慶作」は佐藤栄作氏、与党幹事長の「田淵角造」は田中角栄氏−など実在の人物と重なる点も多い。渡辺氏らしき人物は、主人公のライバルで読日新聞政治部記者の山部一雄として登場、俳優の大森南朋(39)が演じている。

 山部は、政治家と仲良くなって情報を取る手法の記者として描かれている。料亭で田淵角造と会食し頭を下げる場面に、渡辺氏は《私は、料亭はもとより私邸であっても、田中角さんに一度もサシで御馳走になったことはない》と全否定。

 《さらに許し難い》のは、山部記者が自民党の旧大平派を連想させる「小平派」のゴルフコンペに参加する場面。ここで山部記者は、議員から大金を受け取ったことを匂わす発言をするが、渡辺氏は《下等なたかり記者として描かれている》と不満をあらわにした。

 怒りは本木演じる主人公、弓成亮太記者のモデルである西山氏にも向いた。渡辺氏は西山氏との親交を明らかにしつつ、《小生が悪玉にされていることを知りながら、一回もワビの電話すらない》。渡辺氏はドラマで田淵から山部がカネをもらったと想像させるシーンを見て、《完全に西山君に対する感情がぶち切れた》とまで言い切った。

 TBS広報部は「(渡辺氏から)何も言ってきていないので、特にコメントすることはない」と話している。


特に最近の記者なんて、売文屋だしょ
真実を報道するわけでもなく、妄想を連ねるだけの馬鹿記者なんていらないと思いますけどねぇ

特にこの毎日新聞の西山って記者は、日米の密約を暴くとか言ってやったことは

 婦女暴行

その家庭を破壊し、英雄面するような人でなしのどこがまともな記者だというのでしょうか?

人でなしは記者に非ず。それに尽きると思いますけどね〜

だいたいナベツネなんて、その最たる例じゃないの(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120208-00000531-sanspo-ent


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 19:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック