2012年02月03日

反原発しか考えて無くて、全て陰謀にしか見えない近視眼の人たちには

Yahoo:「<九州電力>新大分火力発電所、緊急停止 燃料配管が凍結

>九州電力は3日、新大分火力発電所(大分市、229.5万キロワット)が同日午前3時55分から同4時19分にかけて、燃料供給設備の配管が凍結し、1〜3号機すべてが緊急停止したと発表した。3機13台の発電設備の一部を除き、同11時までに復旧し運転を順次再開した。

 大分市の当時の気温は氷点下4度で、配管凍結で調整弁に圧縮空気が送れず、タービンに燃料の天然ガスを供給できなくなったことが原因。新大分の緊急停止に伴い、九電は急きょ東京電力50万キロワット、中部電力70万キロワットなど電力6社から計240万キロワットを受電。同時に緊急時の需要調整を契約している46社に需要抑制を要請し、30社余りが応じた。TOTO(北九州市)は、小倉第1工場の自家発電用設備の運用開始時間を同日午前8時から同6時半に繰り上げた。

 凍結したのはタービンに送る天然ガスの量を調整する弁を動かすため、圧縮空気が通る鉄製配管(直径約90ミリ)。圧縮空気が止まると調整弁は安全確保のために自動的に閉まる。配管凍結による運転停止は「管内では聞いたことがない」(九電)という。

 九電は昨年12月26日に始めた5%以上の節電要請を予定通り2月3日で終了する。同日午前8時から緊急の記者会見をした深堀慶憲副社長は「節電をお願いする中でトラブルを起こして申し訳ない」と謝罪した。


今日本の電力事情は、と言うわけでとっても危ういわけです
しかし、反原発厨のお馬鹿さんには、こういうことすら原発再稼働のための陰謀にしか見えないんでしょうね。本当にお気の毒だと思います。見るべきものが見えない人たちには何を言っても無駄なんでしょうけど

現代社会自体が、原発のようにもろくはかないものであり、その恩恵にあずかってきたくせに原発を狂ったように否定するなんて、いったい何を考えているのやらと気の毒すぎて本当に哀れです


しかし、なんにせよ安定的に電気を確実に供給することがいかに大変なことだということが、こういうことを見て、

安易に競争を導入すべきといっている人たちは、どう考えるのか?
安易に電気代を下げたら、こういうメンテナンスをしっかりとするだけの作業者を確保できるのかどうか、自分の仕事ぶりを見て考えて欲しいものですね

しっかり仕事をする人は、それだけのお給金を取っていいわけですが、それを下げなければ電気代を安くすることはできないとは考えられませんか?燃料代、その他経費はなかなか下げられません。となれば、人件費を下げるしかないんですけどねぇ・・・



とにかく各電力会社は、不当なバッシングに負けずにがんばってください!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120203-00000020-mai-bus_all


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

原発停止したままなら電気代が20〜35%値上げ 各電力会社が一斉に発表
Excerpt: 1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/12/21(金) 00:26:25.34 ID:9axyUg0c0 ?2BP(1000)東通原発 再稼働遅れでコストにしわ寄せ、需給不安..
Weblog: 【2ch】ニュース速報嫌儲版
Tracked: 2012-12-21 03:01