2012年01月31日

早稲田の学生の反応は?ルーピーが懲りずに東アジア共同体を語ってるらしい

産経新聞:「「東アジア共同体で真の和解を」 鳩山氏、早大での講演で中国観語る

>民主党の鳩山由紀夫元首相は30日、東京都内の早稲田大学で講演し、「かつて日本がアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えてしまった歴史がある。真の和解が達成されたとは考えていない」と述べ、持論の東アジア共同体の実現によって「歴史認識問題の克服」を図るべきだとの考えを示した。

 鳩山氏は「EU全体は戦争のない状態にある。東アジア共同体をEUにならいながら構想し、二度と戦争が起きない関係を作ろうではないか」と述べた。具体的には、日中間で交渉が中断している東シナ海のガス田共同開発の条約締結交渉を取っかかりに関係を発展させるべきだとの認識を示した。

 鳩山氏は「日本にとって、これから中国が大変大きな意味をもつ」と強調。平成22年9月に沖縄・尖閣諸島沖で発生した中国漁船衝突事件を「衝突事故」と表現した。


なんで和解しないといけないのかな?
現代社会においては、無いこと無いことを連ねて言いがかりをつけてくる特定アジアから一方的に攻撃されて困っているのは日本の方だと言うべきですし、それを助長しているのが民主党、社民党、共産党、公明党と言った外道グループじゃないですか(一部自民党内にも河野とか悪党はいますけどね)

そういう外道の頭目とも言えるルーピー鳩山を呼んで語らせるなんて早稲田も語るに落ちた?ちゃんとした日本人の政治家を呼ぶべきでしたね
どんな反応は知るよしもないですが、もし良かったなんて言っていたら、お終いですがな・・・

日本への侵略行為を「事故」の一言で片付けるなんてあり得ませんよ


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック