2012年01月25日

給与を削って本当に良かったのかなぁ

Yahoo:「<公務員給与>人勧実施3党合意、今春から8.03%削減

>国家公務員の給与を引き下げる臨時特例法案をめぐり、民主、自民、公明3党は25日午前、国会内で実務者協議を開いた。民主党は今年3月から平均0.23%引き下げる人事院勧告(人勧)を実施したうえで、同4月からさらに平均7.8%を上乗せし、計平均8.03%減額する修正案を提示。自公両党は受け入れる考えを示し、基本的に合意した。

 民主党は通常国会の開会を受け、消費増税の前提となる「身を切る改革」である公務員給与引き下げで合意を急ぐ必要があると判断し、大幅譲歩した。政府案は人勧実施を見送ったうえで、13年度末まで7.8%削減する内容。これに対し、自公両党は人勧を実施したうえで、引き下げ幅を7.8%まで拡大する案を主張していた。

 修正案は自公案よりも削減幅が拡大するため、自民党幹部は「これなら乗れる」と述べ、公明党幹部も「人勧をやってくれさえすれば、うちはOKだ」と語った。


こういうしみったれた衆愚政治を繰り返していたら、やっぱり景気復興って難しいような気がします。使える人がどんどんお金を使わなければ活性化なんてあり得ないんじゃないの?

だって民間はただでさえ給与が少なくて困っている訳なんですから、せめて公務員が安定した状況にあるんですから、お金を使える状況を確保しておいた方が良かったように思います

みんなでお金を使わなくなれば、町がどんどん寂しいことになっちゃうと思いますよ

そりゃ多少は削った方が良いんでしょうけど、もう少し頭使って欲しいものです
みんなで貧乏くさいことになって、本当に良いのかなぁ・・・


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120125-00000047-mai-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:公務員 給与
posted by ! at 20:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック