2011年10月20日

こういうのがいるから支那朝鮮の入国を

Yahoo:「福岡市の一家4人殺害、中国人被告の死刑確定へ

>福岡市で2003年6月、衣料品販売業松本真二郎さん(当時41歳)の一家4人が中国人3人に殺害された事件で、強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けた元専門学校生、魏巍(ぎぎ)被告(31)の上告審判決が20日、最高裁第1小法廷であった。

 白木勇裁判長は「人の生命の尊さを意に介しない冷酷、残忍な犯行で、何の落ち度もないのに突如非業の死を遂げた被害者らの無念は察するに余りある」と述べ、魏被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

 共犯の中国人2人は事件後、中国に逃亡し、中国当局に起訴された。1人は05年7月に死刑が執行され、1人は無期懲役が確定している。

 判決によると、魏被告ら3人は03年6月20日、松本さん宅に押し入り、妻の千加さん(当時40歳)、長男海君(同11歳)、長女ひなさん(同8歳)を殺害し、約3万7000円などを奪った。さらに、帰宅した松本さんの首を絞めて瀕死(ひんし)の重傷を負わせ、千加さんら3人の遺体とともに、福岡市東区の岸壁から海に投げ入れ殺害した。


支那人朝鮮人が日本国内からいなくなると、警察の仕事が半減するという話を聞いたことがあります。そのくらい犯罪件数が多いそうですし、特に強盗強姦殺人など凶悪な犯罪が枚挙にいとまがないという話も聞きますよ

なんで、民主党はそういう連中の入国を楽にしたのか?馬鹿馬鹿しい政権です、本当に
選んだ人たちはおかしいとまだ思わないんでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111020-00000815-yom-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:支那 殺人 朝鮮
posted by ! at 20:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック