2011年10月14日

マスコミは追求しないでしょう

Yahoo:「ラジウム「心配ない」 世田谷民家 文科省、未明の会見

>京都世田谷区弦巻の民家でラジウム226と推定される物質が入った瓶が見つかった問題で、文部科学省は14日未明、会見を開いた。殺到する報道陣の問い合わせに深夜まで慌ただしく対応に追われた末の会見となった。

 職員らが現場から同省に戻ったのは13日午後10時近く。会見した放射線規制室の中矢隆夫室長は、ラジウム226とみられる放射性物質の健康への影響について、「普通に付近を往来している程度では、年間1ミリシーベルト以下に収まるので、心配ない」と強調。ラジウム226の用途について、「医療用には粉末では使わないので、推測だが、夜光塗料などに使うためだった可能性もある」と話した。

 文科省によると、民家に住んでいたのは、事務系の男性サラリーマンだったが、約10年前に死亡。医療関係や研究者ではなかったという。


反原発の人たちや、とにかく放射脳の人たちにとっては、福島由来の放射性物質だった方が好都合だったんでしょうけど、意に反してなのか、それとも反原発派の意図的な所行なのかまだわかりませんけど、由来のわからないラジウムだったということでむしろ大きな問題になってしまったと思えます

このラジウムがどこから来たのか、誰が持ってきたのか、とか
致死量はないものの、放射線を出す物質が無造作に持ち歩ける方が危険ですし、誰もそれまで気づかなかったということが大変な事ではないでしょうか?

ぜひ警察等に捜査していただき、解明して欲しいものです

もっとも、放射線がずっと出ていたとしたら、原発事故がなかったら、ずっと気づかれなかった可能性もあるわけで、それまで無関心だったことに急に気がつくと大変なことになるんだなと感じましたし、このラジウムの出す温泉に浸かって喜んでいるのが日本人なわけで果たして放射線の許容量は妥当なのかどうか再確認した方が良いんじゃないのかなと思ったり思わなかったり・・・

世田谷区長が、これを元にラジウム温泉を始めたら、みんな喜んでくるんじゃない?
もっとも放射能風呂ってしたら、逆の反応かもだけど
人の認識ってそんなもんじゃない?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111014-00000133-san-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 腐りきったメディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック