2011年09月15日

まだ政権交代してよかったと思っている変わり者がいらっしゃるんですね

読売新聞:「政権交代「良かった」47%…11ポイント下落

>民主党政権誕生から2年を迎えるのを前に、読売新聞社が実施した全国世論調査(3〜4日、面接方式)によると、政権交代したことを「良かった」と答えた人は47%で、昨年9月調査の58%から下落した。

 「良くなかった」は41%(昨年9月は29%)に上昇しており、期待感は冷めてきているようだ。

 民主党に「失望している」という人は79%に達した。民主、自民両党に対する意識を継続的に質問してきた、2008年10月以降の過去11回の調査(早稲田大学と共同実施)と比べると最も高い。民主支持層でも最高の71%に上った。

 民主に「期待している」は49%で、民主が大敗した参院選後に実施した昨年7月の前回調査(48%)とほぼ同じだった。「期待していない」も49%(前回51%)だった。

 民主に政権担当能力が「ある」との回答は最低の43%に落ち込み、「ない」は51%で最高だった。

 ただ、民主への厳しい評価は、自民党への高評価には結びついていない。

 自民への評価を別に聞くと、「失望している」は74%(前回76%)と高水準のままだった。「期待している」は40%(同39%)で、民主よりも9ポイント低い。政権担当能力が「ある」は、民主を12ポイント上回る55%だった。

 調査は全国の有権者3000人を対象に実施し、1673人から回答を得た(回収率56%)。


民主党に未だに期待している人がいることには驚きました
もっと、民主党の真実を知るべきではないでしょうか?
脱税した総理
外国人から金をもらったり、北朝鮮とつきあいのある総理
暴力団から金をもらった現総理
いくら何でも自民党でもこんな外道な総理はいなかったと思いますよ?
それでも期待しちゃいますか?
脱原発と言っただけの総理に未だに期待しているとかバカかアホかと思いますね

日本の資源状況を見れば、安易に脱原発なんて無理なことは明らかなのに
ソーラーパネルの材料だって輸入しなければならないですし、どうやってメガソーラーを作り上げるためにそろえるのか?とか難しい問題があるのに、わけわかんない

そして、人権擁護法案とか人権侵害救済法案とか、外国人参政権とか日本人を貶めるためだけの法を用意しているのは自民党以外だということ。これはすごく大きいですよ?

人権というのは本来”国民対国”で問題があった場合に解決されることはあるでしょうけど、国民同士で人権侵害なんてあり得ない。誰かが幸せになった分、誰かは不幸になることが人権侵害になるとしたら、誰も幸せになれませんがね。そんな無理矢理な法を作られてたまるものですか
ケースバイケースで安易に法で決められるものではないと思います
要は、個人の考え方一つで人権侵害だと思い込むわけですから、簡単に片付く事じゃないと思いますね

また外国人に対して差別かどうかですが、国民じゃないというと差別だって言い張る人はおかしいです。違うものは違う。日本国内において日本独自のことを言って問題になるのであれば、日本人は日本に住めません。そこまで外国人に配慮する必要はないです。逆に外国に日本人が出かけていって、そこまで配慮してもらえるかどうか?です自分の家にいて、好き勝手できないなんておかしい。日本国内にあっては日本国民>外国人だと考えます。もちろん逆に外国では外国>日本人で当然だと思いますよ。あくまでゲストでしかないです。ゲストなりの配慮はありましょうが、家族同様の扱いはあり得ない、それだけのことです

同様に外国人参政権もあり得ませんね。外国人は外国人であって日本国民ではないのですから


それにしても自民党は報われませんね
震災下に、何もしない民主党に代わって、いち早く被災地に入り、対策を練り、法案を作ってきてもマスコミが何も報道しない上に、自民党は何もしない、民主党の足を引っ張っていると言われたら支持する人がなかなか増えないのはしょうがないですね
ホント、マスコミの有り様を変えていかねばなりますまい


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:民主党 政権交代
posted by ! at 20:30| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時事通信社のアンケート対象者を全て日本人有権者だと仮定すると、よほど人間の頭脳レベルに達しないノータリンが多いらしい。

4日で追及を逃れるように閉会する現政府が、真剣に復興を考えているかどうかは判りそうなものだろう。 でも、全体の4割がどうしようもないアホというのは有り得ない。

だから実態は、調査対象が現在選挙権がなく選挙権をもらう予定を決め込んでる在日・反日チョーセン、民主党員、テレビ局の下請け、組合幹部、民主党関連に弱みを握られている者、民主党により命や家族の身などの卑劣な脅迫を受けてるものなどが対象者だね。

左巻きって、「裏切り者は裏の見えない所で始末する」って行為を常時繰り返したヤツラだからね。 ネコも杓子も、オウム返しのような返答をするよ。

掲示板などで、チョーセン人のミンス擁護の書き込みみたら判るでしょ?

こんな洗脳的な思想コントロールを防ぐためにも、マスコミによる支持率調査は違法とすべき。 

総務庁資金の元、毎回異なった第三者のコンサルタント会社に支持率調査を命じ、その集計データ(回答者の住所・氏名、調査場所、人数)を毎回回収し、閲覧希望者には公開する。 不正回答者には何らかの制裁を与えるとの趣旨の法改定が必要でしょう。
Posted by マスコミによる洗脳調査自体が問題だ。 at 2011年09月15日 21:08
この時期4日間しか国会をやらないことを異常だと思わない人がいることが本当に異常。
少しはおかしいと思わないと。

それに民主党はこの時期に夏休みとかとぼけたことを言ったらしい。
休んでいる暇があるのかと・・・。
この政権は狂ってる。
Posted by !@管理人 at 2011年09月16日 20:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック