2011年09月14日

とにかく与党にやる気がない以上、自民党ががんばるしかない

Yahoo:「<衆院代表質問>鉢呂氏辞任、首相を追及

>野田佳彦首相の就任後初の所信表明演説に対する各党の代表質問が14日午後、衆院本会議で始まった。自民党の谷垣禎一総裁は、東京電力福島第1原発事故をめぐる不適切な言動で鉢呂吉雄前経済産業相が辞任したことについて「適材適所でなく、党内融和ばかりに心を砕いた不完全な組閣の結果」と、任命責任を厳しく追及した。

 谷垣氏は、震災と原発事故からの復旧・復興については全面的な協力姿勢を示す一方、政府・与党が、臨時国会の会期を予算委員会なしの4日間としたことに対しては「与党の審議拒否。国民に説明責任を全く果たさない暴挙」と抗議。首相が所信表明で求めた税と社会保障の一体改革などについての与野党協議に「容易に応じるわけにはいかない」と否定的な考えを表明した。

 また、民主党の09年衆院選マニフェスト(政権公約)の見直しなど、前政権での民主、自民、公明の「3党合意」の履行を要求。3党合意後、民主党が「『子ども手当』存続します」としたビラを作製したことを「合意を踏みにじる行為」として謝罪を迫るとともに、マニフェストの全面撤回と、早期の衆院解散の必要性を訴えた。

 さらに、一川保夫防衛相については、外交安全保障分野で「経験不足の感が否めない」と、小宮山洋子厚生労働相、古川元久国家戦略担当相については「(子ども手当や年金改革など)マニフェストを巡る混乱の原因を作った」と、名指しで起用への懸念を示した。菅直人前首相の「脱原発」路線を引き継ぐかについても明言を迫った。

 14日は谷垣氏のほか、自民党の古川禎久氏、民主党の樽床伸二氏が質問に立つ。代表質問は衆院が15日まで、参院が15、16日に行う。【


こんな時にこんな追求をしているなって仰る向きもいますけど
そもそもこんな時期に臨時国会を4日間しか開かず、審議を進めようとしない与党がおかしいと思わないのがおかしい

臨時国会から、通常国会までつなげてずっと審議中にして、震災復興のための仕事をしていってもらうしかないと思いますが・・・

そもそも前の国会中も民主党がろくな法案を作れないから、自民党がずっとサポートしていたという事実を鑑みれば、さっさと解散総選挙して自民党に与党になってもらった方がよっぽど効率的に仕事が進んでいくと言えるんじゃないでしょうか?
民主党がどれほどの仕事をしていたのか、きちんと国会中継を見て確認してみて欲しいですね

あと、国会議員として外国人から金をもらったり、暴力団から金をもらったり、マルチ商法であくどく儲けている奴とか、そういう国会議員としての資格のない連中を除外することは国政の正常化のためには必要なことでしょ?民主党の初代総理の鳩山が脱税をしていたり故人献金があったりしました。その次の菅は北朝鮮と関係のある連中とつきあいがあったり、金のやりとりもあったり、外国人からの献金があったりと本当に大問題なんですよね

自民党にはそういうのがいて、クリーン(笑)な民主党に入れ替えようとしたわけで、入れ替わった結果、上記のようなことがどんどん明らかになっているのですが、なんで自民党時代みたいに問題にならないのか不思議に思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110914-00000039-mai-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック