2011年09月05日

生活保護の支給先のチェックをより厳しくしないと!

Yahoo:「組員104人が生活保護申請…愛知県、5年間で

>厚生労働省が暴力団構成員に対する生活保護不適用の徹底を求めた通知を出して以降の5年間について、愛知県内の市町村に受給を申請していた構成員の数を県警が集計したところ、計104人に上ることがわかった。

 いずれも各市町村から県警への照会で組員らと判明したケースで、全て申請の却下や支給停止の措置が取られている。一方、照会件数は、全体の申請者や受給者に比べ、ごく一部にとどまり、県警幹部は「発覚したのは氷山の一角とみられ、積極的に照会を」と呼びかけている。

 生活保護の受給者や申請者について、各自治体は個別に地元警察へ相談や確認をしていたが、愛知県と名古屋市は昨年、暴力団構成員として登録されているかどうかを照会し、情報の提供を受ける協定を県警と結んだ。岐阜県は2007年、三重県も08年に同様の協定を締結。県警への照会で構成員と判明した人数は、岐阜県は集計を始めた07年度から昨年度までで15人、三重県は昨年度までの3年間で8人だった。


生活保護の申請を受けて、その申請者についてきっちり調べないとダメですね
そして決定してからも、常時その生活状況を監視して、何かしらの問題があったら即解除という風にすべきでしょう。そして、支給期間も有限にしないとダメですね
病気とか高齢とか何らかの条件が無い限りは自分で稼ぐということを基本にしないと人の税金でただ喰うだけの怠け者を作るだけです


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110904-00000199-yom-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:暴力団 生活保護
posted by ! at 20:12| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック