2011年09月02日

他に政策は無いのかなぁ>名古屋市長、減税しか伝わってこない

Yahoo:「<名古屋市議会>河村市長、市民税10%減税案を提出へ

>名古屋市の河村たかし市長は2日、9日開会の市議会9月定例会に市民税10%恒久減税条例案を提出する方針を議会運営委員会に示した。条例案提出は今年2月の出直し市長選後初めて。河村市長は市民税減税を「市長選で示された民意」としているが、議会内には「来年度予算の収支見通しが立たない状況では審議できない」との声が強く、継続審議となる公算が大きい。

 河村市長は09年4月の初当選後、市民税減税の恒久化を目指してきたが、市議会に実現を阻まれたため議会解散請求(リコール)を主導。市長を辞職しての出直し市長選で勝利、リコール成立に伴う3月の出直し市議選でも市長率いる政党・減税日本が躍進した。

 条例案は、個人・法人市民税を恒久的に一律10%減税するもので、12年度からの実施を目指す。

 市財政局は財源に初年度160億円、2年目以降は220億円が必要と算定。財源確保のため「さらなる行政改革に取り組む」としているが、具体的な行革内容は今後検討する。

 国の来年度予算編成作業の遅れで、市予算の収支見通しが立たないことから、市財政局は当初、条例案提出時期を11月定例会と想定していた。しかし、河村市長は市幹部の反対を押し切り、9月提出を指示した。

 減税の財源確保の見通しが立たないため、市議会で過半数を占める自民、公明など野党会派には「実質的な審議は難しい」との見方が広がっている。

 河村市長は議運終了後「市長選はトリプルスコア以上の差で『河村さんしっかりやってちょうよ』と信任された。市民の政治的選択であり、減税は実現されなくてはいけない」と語った。【福島祥】


税金が下がるのは正直うれしい
でもそのことで肝心なことが出来なくなったりするなら、逆効果だと思いますんでその辺のバランスがとれた政治をしているんでしょうか?

そして議員や市の職員の給与のどの辺がまともな額なのかわかりませんけど、やたらと下げるばかりでは議員やら市の職員やらのモチベーションが下がるばかりで、それだって逆効果でしかないような気がします
市民の関心を得るようなことをするのはありかもしれませんけど、マイナスの感情を持つ人たちのことも考えて政治をして欲しいものですね

市民が絶対正しい立場にあるなんて思わない


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110902-00000038-mai-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 22:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック