2011年08月31日

よっぽど後ろ暗い人生を歩んでいるのでしょう>住基ネット接続反対の住民

Yahoo」:「住基ネット:再接続で国立市民が会見、住民投票へ署名活動 /東京

>国立市が準備を進める住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)への再接続について、市民団体が30日記者会見し、11月に住基ネットの是非を問う住民投票条例の制定を目指した署名活動を行うと発表した。
 地方自治法に基づく条例制定の直接請求には有権者の50分の1(約1230人)以上の署名が必要。同団体は5000人を目指し、12年1月には直接請求を行いたいとの意向を示した。
 団体のメンバーで会見に同席した関口博・前国立市長は「接続によって個人情報流出の危険性がある上に、将来的に共通背番号制につながり、資産や病歴などの個人情報が国に一元管理される」などと住基ネットの問題点を指摘した。
 住基ネットを巡っては同市は「個人情報保護が難しい」として02年12月以降は切断状態だったが、今年4月の市長選で、再接続を訴えた佐藤一夫市長が切断継続を掲げた関口氏を破って当選。市議会は接続へ向けた費用約4100万円を計上した補正予算案を可決し、接続に向けた準備が進められている。


一元管理されて何か問題あるのでしょうか?
そこから何らかの犯罪につながるというのであれば、確かにイヤですけど、いくら何でもそんなことは無いと思いたいですが、民主政権とか共産政権とかそんな連中がやったら危険でしょうね。まともな保守政権なら番号管理されても安心して任せられます

しかし、今は民主政権が困っているようですが、年金問題。これ自民党が国民背番号制を採用しようとしたとき民主党などは反対してました。しかし民主も政権を取ってからは年金問題解決のためだけではないでしょうが国民背番号制の採用を考えているようです
日本国民の数を考え、事務の効率化などを考えれば統一番号を入れざるを得ないと思うんですよね・・・。あっちで一つのデータベース、こっちで別のデータベースで別々に管理したら効率悪すぎです

で、そのデータベース
孫とかいうソフトバンクという会社を経営する売国奴はその社のユーザーデータの入ったデータベースを南鮮の会社に任せることにしたとか。ソフトバンクを使いたくない理由がまた一つ増えました!南鮮と積極的にかかわるような企業と関わりはなりたくないですよね〜


というわけで、国立の人たちって反体制、日本社会になじめない人たちなんでしょう。日本から出て行って、支那とか南鮮で生活すればいいと思います。日本社会では事務処理のための巨大なデータベース必要になってきていると思いますね

もう一つ大事なこと
公務員に国籍条項を厳しく設けておくべきですね
こういう大事な個人情報に外国人、特に支那人朝鮮人がかかわってくるのは大いに問題です。もちろん思想信条によって日本人であっても排除すべきです。危険な思想を持った人が公務員になることは問題。データの流出とかあってからは遅いです。ダメな人は事前にはじいておかねばなりますまい。ま、人権派弁護士あたりが大騒ぎしそうですが(笑)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110831-00000024-mailo-l13


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック