2011年08月29日

競技として公平性がないよ>義足の競技者

Yahoo:「<世界陸上>両足義足のピストリウス 男子四百で準決勝進出

>陸上の世界選手権は第2日の28日、韓国・大邱スタジアムで行われ、男子四百メートルでは、四肢のいずれかを失った選手で初めて出場した両足義足のランナー、オスカー・ピストリウス(南アフリカ)が45秒39の5組3着で29日の準決勝に進んだ。金丸祐三(大塚製薬)も3組4着で自身初の準決勝進出を果たした。

 ○…両足が義足のスプリンター、ピストリウスが歴史的な一歩を記した。カーボン繊維製の義足でレースに臨んだピストリウスは男子四百メートル予選5組に出場。スタート直後は加速がつきにくく、すぐに内側の選手に抜かれたが、バックストレートから次第に加速。カーブの曲がりが緩い8レーンも味方し、3着で準決勝に進んだ。45秒39は全体では14番目のタイム。終盤にスピードを緩めたところ、つまずきそうになる姿もみられた。

 義足がもたらす「助力」をめぐっては賛否両論あるが、障害者スポーツの枠を超えて初の世界選手権出場を果たしたピストリウスは「長年の目標で、うれしい。プレッシャーもあったが、今日のような走りを続けたい」と喜びを語った。


やっぱり変だと思います
義足の代わりに車いすで出場するのもおkとも言えちゃいそう

ドーピングとかそういうたぐいの問題だと思います

違うものは違う
それに尽きます


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110828-00000014-mai-spo


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:陸上競技 義足
posted by ! at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツとか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック