2011年08月17日

とりあえず再稼働、乙!>泊原発

Yahoo:「泊原発3号機、営業運転に…保安院が検査終了証

>経済産業省原子力安全・保安院は17日、調整運転を続けている北海道電力泊原子力発電所3号機(北海道泊村)の定期検査の終了証を北電に交付し、同原発は営業運転に移行した。

 定期検査中の原発が営業運転に移行するのは、東日本大震災による東京電力福島第一原発の事故以降、初めて。

 交付は、北海道の高橋はるみ知事が同日、営業運転への移行容認を正式に表明したのを受け、午後4時から経済産業省で行われた。保安院の山本哲也・原子力発電検査課長が、北電東京支社の高橋多華夫支社長に定期検査終了証を手渡した。

 泊3号機は定期検査がほぼ終了した3月7日に調整運転を開始。通常は1か月程度の調整運転を5か月以上も続けていた。調整運転は発電するという意味では営業運転と同じだが、法的には定期検査中になる。検査終了証が交付されると、運転はそのままで営業運転に移行する。

 原発は原則13か月営業運転するごとに原子炉を停止し、定期検査を行うことが義務づけられている。保安院は泊3号機の次の定期検査について、調整運転の延長分4か月を差し引き、約9か月以内の来年4月までに行うよう北電に求めた。

 また政府は、泊3号機を原発再稼働の条件とするストレステスト(耐性検査)の1次評価の対象とせず、稼働中の原発に実施する2次評価の対象とする見解を表明している。2次評価の結果を電力会社が報告する時期は年内がメドとされている。


どんなに理想論を唱えようとも、確実にたくさんの高品質の電力を供給できるのは原発しかないんで、こういう風に筋を通して再稼働が認められたのは良いことだと思います
もっともずっと調整運転をしていたそうで(恥ずかしながら知りませんでしたが)、特に発電量などには影響しないそうですが、形を整えたことは評価しないといけないと思います

今後も安全対策には心を砕いて痛ましい事故が起きないようにがんばって欲しいものです
また他の電力会社もこれに続けるように周囲への努力を怠らないようにして欲しいです

とにもかくにも電力無しでこの日本社会が維持できるわけがないですし、今後の働く場所を確保するためにも大量の電力を確実に供給できる体制を早期に整えるべきです。それが国の仕事ではないかと。先の先でしかない脱原発なんて言葉に酔ってないで、今現在をどうするのか現実的な判断が求められているのに、菅って本当にバカだなぁと思わざる得ないですし、それに賛意を送る人たちももうちっと現実を見た方が良いよって思います


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110817-00000714-yom-soci


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック