2011年07月17日

これは必要な処置だと思います>自民党による報道チェック

Yahoo:「自民党に報道チェック部隊、抗議や申し立ても

>自民党は、報道機関の論調を調べ、内容に問題があれば対抗措置を講じる「メディアチェック」の担当議員を新設した。

 菅内閣の支持率が著しく低迷しているのにもかかわらず、自民党の支持率が思うように伸びない原因の一つに報道機関の自民批判の影響があると見ているためだが、“八つ当たり”気味の対応には党内から疑問の声も出ている。

 担当するのは、中谷元情報調査局長、新藤義孝報道局長、菅原一秀副幹事長の3人。

 主にテレビ報道を点検し、事実誤認や公平性を欠く内容があれば、局側に抗議したり、放送倫理・番組向上機構(BPO)などの第三者機関に申し立てたりする方針だ。

 メディアチェックの導入は、石原幹事長が主導した。衆院の当選回数別の懇談会で、若手から「なぜ党の支持率が上がらないのか考えるべきだ」との意見が提起された際、石原氏は「自民党を批判するテレビのコメンテーターが悪い」と、テレビ報道に強い不満を示したという。

 自民党は森内閣末期など、党の支持率が著しく低迷した際、報道に神経をとがらせて対策を取るケースがあった。今回、対策を主導した石原氏は日本テレビ記者の出身。党内では「メディアに責任をなすりつけるようでは支持回復はおぼつかない」(中堅議員)と冷ややかな声もある。


自民党は、かなりメディアによって苦労させられていますからね、こういうことは必要なことと思います。ただメディアの方は難しいコトじゃないと思うんですよ。包み隠さず本当のことを言えば良いだけのこと。それを報道しない自由の権利を行使して、自民党の活躍を報道しなかったり、ねじ曲げて伝えているのですからメディアとしての存在価値は無いです。それを正すことは重要なことです

ただ自民党も今後も引き続き保守政党として党をまとめ、再起をしていかなければ、河野太郎をはじめとする反日的な議員(まるで民主党議員のような人たち)を切り捨てていくことも大事だと思うんですよ。それをしなければ、やっぱり支持は戻ってこないでしょう

自主憲法をはじめとして、日本のために働く党であることをどんどんアピールしていって欲しいですね!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110717-00000261-yom-pol


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:自民党 メディア
posted by ! at 20:36| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大阪の橋下知事が、この自民党の報道チェックを批判していました。

http://twitter.com/#!/t_ishin/status/92490074368905216

>自民党が報道チェック部隊を新設するんだって。
>報道の論調をチェックするのは当然としても、
>抗議やしかるべき機関への対抗措置を執るという手法はいただけない。
>メディアの論調が気にくわなければ、論争すれば良い。
>コメンテーターがしょうもないことを言っているのであれば論争すれば良い


どうしてマスコミは橋下知事を正論だと言って持ち上げるのかについて、こんな話を聞きました。

「橋下知事は自分でも言っていたように独裁者で、知事に批判的な記事を書こうものなら、ツイッターで名指しで徹底的に批判されて取材拒否される恐れもあるので、わかっていても書けない。

府職員が橋下知事に送った批判メールも「こんなメールが職員からきましてね」と会見で公開していたし・・・記者を名指しで批判したこともある」

松本大臣も「今の最後の発言はオフレコです。いいですか皆さん。書いたら、その社は終わりだから」と言ってましたよね。マスコミの偏向報道にはこういう側面があるようです。

自民党より、民主党や橋下知事の方がよっぽどマスコミへの情報統制ひどいです。
Posted by U50 at 2011年07月18日 17:16
橋下って、どう見ても独裁者指向ですね。地方主権とか言うのは、自らが実権を握り反発を許さないための一つの手段なんでしょう。

本来ならそういう権力に負けないのがマスコミじゃないのかなって思わなくもないですが、自由報道協会でしたか、そういうのも含めて自らの権勢に酔うのが好きなんでしょうね!
Posted by !@管理人 at 2011年07月18日 20:28
橋下知事は今民主党よりで、菅総理の脱原発(らしき)発言をほめてましたよね。

代替案があるならよいのですが、管理者様が以前書かれていたとおり、自然エネルギーは工業用には使えないようです。

原発や火力発電は交流発電です。太陽光、風力、地熱etc.は直流発電です。ただでさえ自然まかせで「欲しいときに欲しい量を発電してくれない」上に、電圧や周波数が一定でなく、直流発電を変換する必要もあります。

元々の発電量も少ないのに、変換ロスが大きい。出力が不安定なので、大規模施設の出力をそのまま送電網につなげたら電圧が不安定になり、機械類が正常に動きません。火力や原子力など安定した電源とバランスをとることが不可欠です。

送電網につなげるときも、大変調整に手間がかかるので、コスト面も効率面でもメリットが少ないようです。

しかし、投資額は膨大です。
Posted by U50 at 2011年07月19日 09:47
橋下氏が危険だと思うのは、確か外国人参政権を認める発言があったと記憶しているからです。そんなことを認める為政者の存在は許されないと思うんですよね〜。

あと、自然エネルギー、特に太陽光は無駄だと思います。あくまで補助的にしか使えないとパネルを開発している人に聞いたことがあります。現状ではとても無理だそうです。にもかかわらず孫とかを持ち上げている人って、もっと現実を見ようよって思いますね。
Posted by !@管理人 at 2011年07月19日 19:53
橋下氏は外国人参政権を認める発言があったのですね。部落出身(家族は否定)という情報もありますが、私も差別はよくないと思うのですが、差別が違う差別を生んでいるような風潮が見受けられます。これは問題です。

外国人参政権など論外です。
Posted by U50 at 2011年07月19日 22:47
外国人参政権を認めて、他に地域主権を訴えるから非常に始末が悪いんですよね。
Posted by !@管理人 at 2011年07月20日 20:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック