2011年07月17日

支那はいつも通りに>ダライラマ、オバマ大統領と面会

Yahoo:「ダライ・ラマ会談に抗議=中国

>中国外務省の馬朝旭報道局長は17日未明、中国の反対を無視してオバマ米大統領がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と会談したことを受け、「深刻な内政干渉で、両国関係を損なった。悪影響を回避する措置を直ちに取るよう要求する」との談話を発表した。 


ダライラマがオバマ大統領と会うことに、抗議をするのはいつも通りなんですが、

オバマ大統領にできるのは会うまでで、チベットは支那の一部であると言っちゃうのがオバマ大統領のダメなところというか限界?
それともアメリカも支那に気遣いをしなければならないほど、弱くなったということか?


石原都知事はアメリカと支那が戦争したら、アメリカは支那に勝てないと言ったとか
だって支那は人権を気にせず、国民を兵隊として投入できるけど、アメリカは世論に左右されて自在に兵隊を送り込めない、という違いを言ったと思われますが、その通りでしょうね!

支那は人の命なんて気にしないけど、アメリカにはできない
しかし、日本人はそういう支那人を平気で国に入れてしまう大バカなところがありまして、どうにもならんわけです。支那と有効なんてあり得ませんよ

支那との友好の印にパンダ、といって喜んじゃうけど、パンダはチベットのものであって、支那のものではないという事実を認識しなければダメですね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110717-00000016-jij-int


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 20:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 反日団体あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

政府、石原都知事の尖閣購入発言に困惑「日中関係に悪影響を与えかねない」
Excerpt: 1 :ケツすべりφ ★:2012/04/18(水) 08:59:13.02 0 政府は東京都の石原慎太郎知事が都の予算で沖縄県・尖閣諸島を購入する方針を表明したことについて、日中関係に悪影響を与えかね..
Weblog: 【2ちゃんねる】痛い中国ニュース
Tracked: 2012-04-21 00:02