2011年06月28日

支那の脅威がある限り、アジアに平和はない

Yahoo:「米比海軍の合同演習始まる=南シナ海めぐり中国刺激も


>フィリピン海軍と米海軍の合同軍事演習が28日、フィリピン南西沖のスルー海で始まった。演習海域に近い南シナ海では、フィリピンなどと中国の間で南沙(英語名スプラトリー)諸島の領有権をめぐり緊張が高まっている。米国はフィリピンへの防衛支援を明確にしており、演習は中国を刺激しそうだ。
 演習は米海軍からイージス艦2隻と救難艦1隻が参加し、7月8日まで実施される。演習海域はフィリピン南西部のパラワン島沖で、同島を隔てて北西側に南シナ海が広がる。
 両国海軍の演習は毎年実施。フィリピン側は今回の演習について「南シナ海問題とは関係がない」としている。
 しかしアキノ大統領は今月14日、南シナ海で中国を抑えるためには、米国の支援が必要との見解を表明。また、クリントン米国務長官も23日、フィリピンのデルロサリオ外相との会談後、防衛支援と軍の近代化に必要な武器を供与する意向を示した。 


支那がアジアの各地域に対して領土紛争を仕掛けているのですから、フィリピンのこの行動は自衛行動として褒められるべきであって、支那を刺激するという言い方は無礼というものでは?その辺時事通信ですから歪めて伝えているのはしょうがないって事ですかね?

他にベトナムも対支那紛争に備えて徴兵をしているとかいう話もあるとか
皆自国を守るためのことなんですけど、平和団体とかはどのようにお考えなのでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110628-00000082-jij-int


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
posted by ! at 21:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック