2011年06月18日

支那の行為を正当だと思いますか?

Yahoo:「南シナ海、神経戦 中国がシンガポールに巡視船、比は反発

>領有権が争われている南シナ海では、中国とフィリピン、ベトナムの神経質で緊迫した動きが続いている。軍事演習の応酬に加え、シンガポールへ向け南シナ海を航行中の中国巡視船の存在が目下、“台風の目”となっている。

 中国の巡視船は、15日に広東省珠海を出港した「海巡31」(3千トン)。西沙、南沙両諸島の周辺を通過する航路を取り、約2600キロを航行した末に、19日にシンガポールへ寄港する。6日間停泊する予定だ。

 ヘリコプターも搭載した巡視船の航行は、重大な問題を提起している。具体的には(1)巡視船は監視活動をしながら南シナ海を通過する(2)外国船舶への検査も排除していない(3)こうした活動を伴う航行は、南シナ海の中国の「海洋権益と領有権」を認めることにつながる−とみられている点だ。

 このため、フィリピンは17日、フリゲート艦を南シナ海へ派遣した。ガズミン国防相は「わが国の領海内に、中国巡視船が『領有指標』を設置することも考えられ、軍は厳しく動きを監視する」と警告。米国との同盟関係を強調するアキノ大統領は16日、自国の軍事力を強化する意向を表明した。フィリピンは5月、中国が設置したとみられる領有標識を撤去している。

 今後は、巡視船を受け入れたシンガポールに対するフィリピンなどの批判が、表面化する可能性もある。

 一方、米海軍は建造中の「沿海域戦闘艦」(LCS)をシンガポールに1、2隻配備する方針。LCSは小型戦闘艦で、対潜水艦・機雷能力、低探知性、戦術データ通信などの点で優れている。南シナ海における中国の活動活発化を受けた、米軍のプレゼンス強化の一環とみられている。

 ベトナムは実弾演習を実施した13日に、中国との軍事衝突に備え徴兵令を公布した。8月1日に施行される。徴兵令の公布、施行は1979年の中越戦争以来、32年ぶりで、深刻な情勢認識を象徴するものだ。

 ベトナムでは、フィリピン政府が「南シナ海」の呼称を「西フィリピン海」としたのに続き、「東南アジア海」とするよう求める請願運動が活発化。中国が産卵期の8月1日まで漁業操業を一方的に禁止した、西沙諸島を含む南シナ海北部では、ベトナム漁船が中国側に拿捕(だほ)される事案が相次いでいる。ベトナム、フィリピンでは中国製品の不買運動も広がっている。


シンガポールにしても、フィリピンにしても、ベトナムにしても
支那の侵略行為に対して自国の権益を守るために必死です

一方我が国は支那による尖閣諸島をはじめとして沖縄県などへ侵略の手を伸ばしてきているのに、何ら手を打とうとしない。むしろ仲良くすれば大丈夫とかいう変な風潮があったりします

そんなことで良いのかなぁ。少なくとも自国で守ろうとしないなら米軍にいてもらうしかないのに、追い出そうとしているし・・・おかしいよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110618-00000083-san-int


    日本ブログ村バナー
 ↓こちらをクリックしてください
ブログランキング にほんブログ村
ラベル:支那 侵略
posted by ! at 23:07| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アジア系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中国は尖閣と沖縄をねらい接近し、
韓国は竹島に通りの名前までつけて標識を設置。

自分の国を守るために必死になれない日本人。欲しいなら争わないでくれてやれば?なんて、国を自分の家屋敷と考えたら、そんな言葉出る訳ないのに。

しかし自衛隊に命令を下すはずの首相がガンで・・・もうどうなっていくのか・・・日本人はほとんどの人が目の前の生活と自分たち家族のことしか考えてない。すべては国があって初めて成り立つ、これを教わってないから、自立心も客観性ももてないのか。
Posted by 青梅 at 2011年06月19日 16:52
まったくです。
自分の住む国の安全を自ら考え行動できるようにしていかないと、ですね。
Posted by !@管理人 at 2011年06月19日 20:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック